閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  2. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  3. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  5. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  6. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  7. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  8. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  9. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  10. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計監査担当者のインターバル期間が改正予定

日本公認会計士協会は2018年1月26日に「独立性に関する指針」および「職業倫理に関する解釈指針」の改正に関する公開草案を公表しました。

国際会計士倫理基準審議会の倫理規定が改正され、監査業務での担当者の長期間よとローテーションに関する部分が見直されたことを反映したとのことです(経営財務 3345号「JICPA 監査担当者のインターバル期間を細分化」)。

監査報告書にサインする会計士については、従来からローテション制度がとられています。担当できる期間は、大会社等の会計監査に係る業務執行社員は最長継続任期が7年、最短インターバルが2年とされています。さらに、大規模監査法人で上場会社を担当する筆頭業務執行社員等は、最長継続任期が5年、最短インターバルが5年とされています。

現行の制度においても一度担当を外れた会計士が、最短インターバル後、再び担当にもどるケースがあるのかですが、大手法人では考えにくいものの中小監査法人であれば社員の数も限られることからありえると思います。

今回の改正案では、このインターバル期間が細分化され、期間を見直すことが提案されています。

すなわち規制対象者を、「筆頭業務執行責任者」、「審査担当者」、「その他の監査業務の主要な担当社員等」に区分し、それぞれインターバル期間を5会計期間、3会計期間、2会計期間とすることが提案されています(なお、すべて関与期間は7会計期間)。

これにより「筆頭業務執行責任者」は5年担当を外れると再び担当に戻ることが可能となりますが、変化の激しいこのご時世に5年間担当を外れれば、帰ってきたときにはかなり状況が変わっていると思われることから、そこまでして担当に戻ることは通常ないだろうと考えられます。そういった意味では5年というのは、なかなかよい期間だと思います。

このほか、会計期間のカウント方法の明確化やインターバル期間中の関与の制限などの改正が提案されています。

この改正は、2020年4月1日以後開始する事業年度から適用されることが予定されています。

関連記事

  1. 単体のみの会社も表示上の重要性基準は簡素化は適用

  2. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明

  3. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  4. IFRSの任意適用会社(予定を含む)が50社を突破!

  5. 消費税(その2)-個別対応方式と一括比例配分方式

  6. 連結納税制度(その1)-平成22年税制改正で導入しやすくなった?…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,991,028 アクセス
ページ上部へ戻る