閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社

経営財務3404号の記事によると、2018年12月期の有価証券報告書において改正税効果基準を早期適用した会社は15社であったとのことです。

改正税効果会計基準では、流動固定の表示の見直しに加え、「評価性引当額の内訳に関する事項」と「税務上の繰越欠損金に関する事項」が新たに追加されています。

15社の中にはIFRSや米国基準を適用している会社や税務上の繰越欠損金が存在しない会社があるため、上記の注記が関係しない会社が半数程度ありますが、「税務上の繰越欠損金に関する事項」については、”「繰越期限別の数値情報」の開示や、定性的な情報として「税務上の繰越欠損金に係る重要な繰延税金資産を計上している場合、当該繰延税金資産を回収可能と判断した理由」等を記載すること”とされています。

経営財務の記事では、日清紡ホールディングスの事例が紹介されていましたが、その他の数社についても確認してみると以下の様な開示が行われていました。

1.シンクレイヤ

2.日清紡ホールディングス

3.ヴィンクス

4.リョービ

5.テラプローブ

評価性引当金の変動について注記がされているのは上記の5社の中ではテラプローブ社だけとなっています。繰越欠損金に対する繰延税金資産の回収可能と判断した理由については、繰延税金資産の計上がないヴィンクスを除き、つまるところ将来の課税所得の見込で回収可能と判断したという内容になっています。

ただし、経営財務で紹介されていた日清紡ホールディングスでは、繰延税金資産が計上されている繰越欠損金が発生した経緯について細かな記載がなされています。また、テラプローブでは、親会社と子会社に分けた記載がされています。

事例数としては、あまり多くありませんが、原則適用の3月決算決算会社でも記載の参考になるのではないかと考えられます。

関連記事

  1. 連結納税適用企業は税効果適用時の法定実効税率に注意

  2. 資産除去債務に係る税効果等

  3. 繰延税金のスケジューリングと適用実効税率はどうなる?

  4. 組替調整額および税効果の注記-平成24年3月期より

  5. 消費税増税の延期に伴う地方法人税廃止の延期-法定実効税率への影響…

  6. スケジューリングの可否と繰延税金負債の関係




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,074,902 アクセス
ページ上部へ戻る