閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有価証券報告書の和暦表示はマイナーに

元号が変更になることが決定して以降、有価証券報告書の日付表示は西暦表記が増加していましたが、2019年3月期の有価証券報告書について、経営財務誌が調査したところによれば、「令和」としてたのは2,387社中、164社(6.9%)であったとのことです(3417号ミニファイル)。

ASBJの作成している「有価証券報告書の作成要領」においても、日付欄から「和暦」が削除されるなど、西暦でなくても問題ない旨が広く周知されたことに加え、3月決算会社の場合、決算日と有価証券報告書提出日で元号が異なることになることによる煩雑さなどから、一気に西暦を採用する会社が増加したものと推測されます。

和暦を使用している会社は約7%と劇的に減少したといえますが、和暦を使用している会社について、経営財務の記事では「和暦を採用している164社には老舗も多く、事業年度が50期以上の企業は95社を数え、そのうち100期以上の会社が24社ある」とされています。

社歴が長い会社が、伝統を重んじて和暦の使用を継続するというのはありそうな話ではあります。市場別に見ると、164社のうち81社が東証一部の会社で、マザーズで和暦を継続して使用しているのは2社のみであったとのことです。

そういえば、2018年に上場した「和心」というマザーズ上場企業があったよなと確認してみると、そもそも3月決算ではなく12月決算会社でしたが、2019年3月に提出した有価証券報告書では西暦表記となっていました。

どうでもいいと思いつつも、マザーズで2社和暦を使用している会社がやはり気になったので調べてみると、あんしん保証株式会社と株式会社FFRIの2社でした。ここまでマイナーになったことにより、1Qの四半期報告書から西暦表記に変えてくるのか注目です。

関連記事

  1. 平成26年中の上場会社における会計監査人の異動は80社

  2. 粉飾により7か月で上場廃止になった会社の監査人に対し懲戒処分-な…

  3. 「収益認識に関する会計基準」に公表されました-18年3月期有報に…

  4. 修正再表示と訂正報告書

  5. CG報告書で資本コストの率を明記している事例

  6. 元子会社の粉飾で親会社が損害賠償責任を負うこととされた事例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,566,480 アクセス
ページ上部へ戻る