閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Google広告が2019年4月から仕入税額控除の対象になっているそうです

Googleの検索広告を使用している会社は多いと思いますが、Google広告サービスの提供者が国外事業者から国内事業者に変更になったため、2019年4月以降、Google広告には消費税が課されており、仕入税額控除の対象となっているそうです(税務通信3569号)。

確認してみると、従来は「Google Asia Pacific Pte. Ltd.」が広告サービスの提供事業者であったものが、2019年4月1日以降は、日本法人のグーグル合同会社に変更されたということのようです。従来は、課税売上割合が95%未満の場合にはリバースチャージの対象となっていたのみですが、2019年4月1日以降は通常の国内取引と同様という取扱いとなります。

当該取扱いの変更については事前にGoogleから利用者に通知がなされているとのことですし、おそらく請求明細にも消費税が登場するようになっているはずなので、仕入税額控除の対象となることを失念しているということはないと思いますが、会社によってはそれなりの金額を毎月支払っていると考えられますので、再度確認してみた方がよいかもしれません。

Googleが何故このような変更を行ったのかは不明ですが、リバースチャージの対象となる会社にとって処理が煩雑なため(あるいは慣れていないため処理しにくい)、変更することで利用者の利便性を図ったということだすれば、リバースチャージも単に煩雑な仕組みのものという以上の効果はあったといえそうです。

ちなみにGoogle Adsenseの報酬も消費税が上乗せされて支払われているのか?と気になりましたが、こちらは特に提供者は国外事業者であるため変更無く、不課税売上のままとのことです。

関連記事

  1. 源泉所得税を過大に納付した場合はどうなる??

  2. クラウドで提供するソフトウェアの制作費は自社利用ソフトか販売目的…

  3. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  4. 平成25年度税制改正によるグリーン投資減税の改正

  5. 2016年6月に日台租税条約が発効していました-繰延税金負債の計…

  6. 接待交際の50%損金算入の延長は要望されず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,568,411 アクセス
ページ上部へ戻る