閉じる
閉じる
閉じる
  1. 招集通知の日付記載は任意記載?
  2. 改正電子帳簿保存法における電子取引情報保存制度による仕入税額控除に紙は…
  3. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  4. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  5. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  6. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  7. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  8. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  9. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  10. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Google広告が2019年4月から仕入税額控除の対象になっているそうです

Googleの検索広告を使用している会社は多いと思いますが、Google広告サービスの提供者が国外事業者から国内事業者に変更になったため、2019年4月以降、Google広告には消費税が課されており、仕入税額控除の対象となっているそうです(税務通信3569号)。

確認してみると、従来は「Google Asia Pacific Pte. Ltd.」が広告サービスの提供事業者であったものが、2019年4月1日以降は、日本法人のグーグル合同会社に変更されたということのようです。従来は、課税売上割合が95%未満の場合にはリバースチャージの対象となっていたのみですが、2019年4月1日以降は通常の国内取引と同様という取扱いとなります。

当該取扱いの変更については事前にGoogleから利用者に通知がなされているとのことですし、おそらく請求明細にも消費税が登場するようになっているはずなので、仕入税額控除の対象となることを失念しているということはないと思いますが、会社によってはそれなりの金額を毎月支払っていると考えられますので、再度確認してみた方がよいかもしれません。

Googleが何故このような変更を行ったのかは不明ですが、リバースチャージの対象となる会社にとって処理が煩雑なため(あるいは慣れていないため処理しにくい)、変更することで利用者の利便性を図ったということだすれば、リバースチャージも単に煩雑な仕組みのものという以上の効果はあったといえそうです。

ちなみにGoogle Adsenseの報酬も消費税が上乗せされて支払われているのか?と気になりましたが、こちらは特に提供者は国外事業者であるため変更無く、不課税売上のままとのことです。

関連記事

  1. 専門家に払う報酬は源泉する必要がある?

  2. 預金の利息だけなら全額仕入控除できる?-消費税95%ルール見直し…

  3. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その1)

  4. 消費税法上の「事業」に規模は関係ない

  5. 消費税(その4)-個別対応方式の用途区分2

  6. 少数私募債の利息が総合課税の対象に!-平成25年税制改正予定

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,021,697 アクセス
ページ上部へ戻る