閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか

税務通信3597号の税務相談で「信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか」というものが掲載されていました。

信用出資は民法上の組合や合名会社の社員及び合資会社の無限責任社員に認められているとされていますが、いままで信用出資に遭遇したことはありませんので、信用出資が消費税法上出資の金額にあたるのかなんてことも考えたことはありませんでした。

この相談事案では、行政書士法人において、社員2名の出資が信用出資のみで合計1100万円の場合、この行政書士法人は、出資の金額が1000万円以上の法人として、消費税法第12条の2(新設法人の納税義務免除の特例)の規程の適用対象となり、基準期間がない課税期間は納税義務者となるのかという点が検討されています。

結論としては、信用出資は、消費税法第12条の2第1項に規定する「事業年度開始の日における資本金の額又は出資の金額」に含まれるため、当該行政書誌法人は基準期間のない課税期間は納税義務者になると考えられるとされています。

不思議な感じはしますが、上記は、”消費税法第12条の2第1項に規定する「出資の金額」は、「出資」から除外する規定等はなく、事例の行政書士法人の社員は信用出資をすることができることとされており、この信用出資は消費税法第12条の2第1項に規定する「出資」に該当するものと認められます”と述べられています。

一般的に信用出資に今後遭遇する可能性は高くないと思いますが、意外な取扱いだったので取り上げました。

関連記事

  1. 仕入先が価格増拒否しても「買い叩き」?

  2. 消費税増税時の短期前払費用の取扱いが変更になるようです

  3. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです

  4. 仮想通貨の消費税の取扱い-平成29年度税制改正

  5. 申告書作成業務に係る報酬は消費税経過措置の対象に

  6. 消費税法上の「事業」に規模は関係ない

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,862 アクセス

ページ上部へ戻る