閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか

税務通信3597号の税務相談で「信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか」というものが掲載されていました。

信用出資は民法上の組合や合名会社の社員及び合資会社の無限責任社員に認められているとされていますが、いままで信用出資に遭遇したことはありませんので、信用出資が消費税法上出資の金額にあたるのかなんてことも考えたことはありませんでした。

この相談事案では、行政書士法人において、社員2名の出資が信用出資のみで合計1100万円の場合、この行政書士法人は、出資の金額が1000万円以上の法人として、消費税法第12条の2(新設法人の納税義務免除の特例)の規程の適用対象となり、基準期間がない課税期間は納税義務者となるのかという点が検討されています。

結論としては、信用出資は、消費税法第12条の2第1項に規定する「事業年度開始の日における資本金の額又は出資の金額」に含まれるため、当該行政書誌法人は基準期間のない課税期間は納税義務者になると考えられるとされています。

不思議な感じはしますが、上記は、”消費税法第12条の2第1項に規定する「出資の金額」は、「出資」から除外する規定等はなく、事例の行政書士法人の社員は信用出資をすることができることとされており、この信用出資は消費税法第12条の2第1項に規定する「出資」に該当するものと認められます”と述べられています。

一般的に信用出資に今後遭遇する可能性は高くないと思いますが、意外な取扱いだったので取り上げました。

関連記事

  1. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率…

  2. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入

  3. 現物出資の消費税には要注意-税理士法人プライスウォータクーパース…

  4. 保守サービスの消費税を追加請求する旨の案内を初めて受け取りました…

  5. 平成28年度税制-支店の事業者向け電気通信利用役務の考え方が改正…

  6. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その1)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,882,500 アクセス
ページ上部へ戻る