閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

20年3月決算LIBORの廃止の影響は考慮不要

2021年12月末をもって公表が停止される予定となっているLIBORですが、3月決算会社ではヘッジ会計の適用を判定する際にこの影響をどうするのかという点について、T&A master No825の「今3月期決算は金利指標改革を考慮せず」という記事で取り上げられていました。

結論としては上記の記事のタイトルの通り、3月決算会社ではLIBORを参照しているヘッジの有効性を判定するに当たり廃止の影響を考慮する必要はないということです。

元々3月末までには公開草案が公表されると言われていましたが、検討の参考にしているIASB(国際会計基準審議会)の審議状況を踏まえ、実務対応報告の公開草案の公表時期を2020年4月または5月に変更することとしたとのことです。

企業会計基準委員会では2020年2月25日の会議で、「今後、実務対応報告が公表されるまでの間はヘッジ会計の適用要件を判断する際に、金利指標改革の影響を考慮せず、ヘッジ対象及びヘッジ手段の金利指標が変更されないものとして差し支えない」という見解を確認したとのことです。

もともと会計基準では想定されていなかった事象であるため、最終的にどのような処理が求められることとなるのかは今後検討がなされるとのことですが、2020年3月決算等の対応については、2月25日開催の企業会計基準委員会の議事概要等において上記の見解が明らかにされるとのことです。

関連記事

  1. 長期為替予約とヘッジ会計適用の可否

  2. 長期借入金の時価って・・・ 毎回疑問に思うこと

  3. 有限責任事業組合への出資者への会計処理(個別財務諸表)

  4. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  5. ゴルフ会員権の処理(その1)ーゴルフ会員権の種類

  6. 子会社への貸付金に為替予約を付した場合の連結処理は?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,836 アクセス
ページ上部へ戻る