閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

20年3月決算LIBORの廃止の影響は考慮不要

2021年12月末をもって公表が停止される予定となっているLIBORですが、3月決算会社ではヘッジ会計の適用を判定する際にこの影響をどうするのかという点について、T&A master No825の「今3月期決算は金利指標改革を考慮せず」という記事で取り上げられていました。

結論としては上記の記事のタイトルの通り、3月決算会社ではLIBORを参照しているヘッジの有効性を判定するに当たり廃止の影響を考慮する必要はないということです。

元々3月末までには公開草案が公表されると言われていましたが、検討の参考にしているIASB(国際会計基準審議会)の審議状況を踏まえ、実務対応報告の公開草案の公表時期を2020年4月または5月に変更することとしたとのことです。

企業会計基準委員会では2020年2月25日の会議で、「今後、実務対応報告が公表されるまでの間はヘッジ会計の適用要件を判断する際に、金利指標改革の影響を考慮せず、ヘッジ対象及びヘッジ手段の金利指標が変更されないものとして差し支えない」という見解を確認したとのことです。

もともと会計基準では想定されていなかった事象であるため、最終的にどのような処理が求められることとなるのかは今後検討がなされるとのことですが、2020年3月決算等の対応については、2月25日開催の企業会計基準委員会の議事概要等において上記の見解が明らかにされるとのことです。

関連記事

  1. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  2. ゴルフ会員権の処理(その3)ー預託金会員制ゴルフ会員権評価損の法…

  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理

  4. 貸倒引当金繰入額と戻入益の相殺表示

  5. ゴルフ会員権の処理(その2)ー株主会員制ゴルフ会員権評価損の法人…

  6. 金銭信託の会計処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,395,886 アクセス

ページ上部へ戻る