閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

20年3月決算LIBORの廃止の影響は考慮不要

2021年12月末をもって公表が停止される予定となっているLIBORですが、3月決算会社ではヘッジ会計の適用を判定する際にこの影響をどうするのかという点について、T&A master No825の「今3月期決算は金利指標改革を考慮せず」という記事で取り上げられていました。

結論としては上記の記事のタイトルの通り、3月決算会社ではLIBORを参照しているヘッジの有効性を判定するに当たり廃止の影響を考慮する必要はないということです。

元々3月末までには公開草案が公表されると言われていましたが、検討の参考にしているIASB(国際会計基準審議会)の審議状況を踏まえ、実務対応報告の公開草案の公表時期を2020年4月または5月に変更することとしたとのことです。

企業会計基準委員会では2020年2月25日の会議で、「今後、実務対応報告が公表されるまでの間はヘッジ会計の適用要件を判断する際に、金利指標改革の影響を考慮せず、ヘッジ対象及びヘッジ手段の金利指標が変更されないものとして差し支えない」という見解を確認したとのことです。

もともと会計基準では想定されていなかった事象であるため、最終的にどのような処理が求められることとなるのかは今後検討がなされるとのことですが、2020年3月決算等の対応については、2月25日開催の企業会計基準委員会の議事概要等において上記の見解が明らかにされるとのことです。

関連記事

  1. マイナス金利と金利スワップ特例処理継続の可否

  2. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?

  3. 満期保有目的の債券購入時の経過利息の処理

  4. 満期保有目的の債券の減損と償却原価法

  5. 有限責任事業組合への出資者への会計処理(個別財務諸表)

  6. クロス取引の取扱い

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,707,617 アクセス
ページ上部へ戻る