閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

賃金等請求権の消滅時効(労働基準法の改正)を確認

従来、賃金請求権の消滅時効については、民法で定めれていた短期消滅時効(1年)では労働者保護に欠けるとして、労働基準法115条で2年とされていたところ、民法が改正され短期消滅時効が廃止さました。そして、一般債権にかかる消滅時効については、①債権者が権利を行使することができることが知ったときから5年間行使しないとき、または、②権利を行使することができるときから10年間行使しないときに時効によって消滅することとされたことにともない、賃金債権の消滅時効についても5年と改正されました。

これに伴い、労働者名簿等の書類の保存期間も5年に延長されています。

上記の改正は2020年4月1日より施行となっています。ただし、経過措置により当面の間は、5年ではなく3年とするとされています。また、今回の改正は、2020年4月1日以降に支払期日が到来するすべての労働者の賃金請求権に対して適用されるため、3月分の給料を4月に支給している場合や、割増賃金だけ1ヶ月遅れで支給することとしている場合には、2020年3月分の給料等から対象となるケースがあるので注意が必要です。

したがって、実務上は当面、賃金の支払い(労基法24条)、時間外・休日労働等に対する割増賃金(労基法37条)、年次有給休暇中の賃金(労基法39条9項)、休業手当(労基法26条)などの時効は3年と理解しておけばよいと考えられます。

また労働者名簿や賃金台帳、賃金に関する書類、その他の労働県警に関する重要な書類(出勤簿やタイムカード労使協定など)等の保管期間についても、当面の間は3年となっていますので、こちらについては当面従来どおりということになります。ただし、賃金台帳、賃金に関する書類(賃金決定関係書類、昇給減給関係書類など)、その他の労働関係に関する重要な書類等の保存期間は、賃金の支払期日が記録の完結の日より遅い場合には、当該支払期日が記録の保存期間の起算日となることが明確にされました。

たとえば、4月分の給料を翌月10日し支給している場合の、4月分のタイムカードの保存期間の起算日は4月30日ではなく5月10日となるということとなります。退職関係書類などは、退職金の支払日が退職日と1ヶ月以上相違することもあると考えられますので、起算点については注意が必要だと思われます。

残業代の未払などが問題となった場合には、金額的な影響が大きくなるのは当然として、さかのぼって確認しなければならない期間も長くなくことによって事務負担も重くなりますので、日々の管理がより重要となっているといえます。

最後に気になるのは、「当面の間」はいつまでなのかですが、施行後5年となる2025年を目処に原則の5年となる可能性があるとのことです。

関連記事

  1. 17年1月1日施行の育児介護休業法改正内容を確認(その2)

  2. 従業員持株会への奨励金は増加傾向?

  3. パートタイム労働法の改正が成立しました

  4. 内定者に労働条件を明示すべきタイミングはいつ?

  5. 「過労死等防止対策白書」-こんな白書があったんだ

  6. 節電による消灯と労働安全衛生法違反の可能性

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,381,270 アクセス

ページ上部へ戻る