閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業省)

2021年5月31日に経済産業省から、令和3年度税制改正で見直しが行われた「人材確保等促進税制(旧賃上げ・投資促進税制)に関するQ&A等が公表されました。

個人的には、基本的には賃上げをすると税額控除が認められるという制度が、名前が変わるとともに適用要件が少しずつ変化してきたという印象ですが、「人材確保等促進税制」となった今回も税額控除をうけるための適用要件が変更されており、適用要件からするとコンセプトとしては雇用促進という方に戻ったという感じがします。

人材確保等促進税制の通常の適用要件は、「新規雇用者給与等支給額が前年度より2%以上増えていること」だけのようです。過去の制度からすると、本当かと疑わしく感じてしまいますが、経産省のガイドブックには「人材確保等促進税制」のポイントとして以下のように記載されています。


(出典:「人材確保等促進税制」ご利用ガイドブック(令和3年5月31日公表版))

上記を計算式で示したものが以下のように記載されています。

今回新たに登場することとなった「新規雇用者給与等支給額」については、以下のように定義されています。

国内新規雇用者のうち雇用保険の一般被保険者(支配関係がある法人から異動した者及び海外から異動した者を除く。)に対してその雇用した日から1年以内に支給する給与等の支給額をいいます。ただし、給与等に充てるため他の者から支払を受ける金額(ただし、雇用安定助成金額を除く)がある場合には、当該金額を控除します。

また、「国内新規雇用者」は以下のように定義されています。

法人の国内雇用者のうち、当該法人の有する国内の事業所に勤務することになった日(労働基準法第107条に規定する「労働者名簿」に氏名が記載された日)から1年を経過していない者をいいます。ただし、支配関係がある法人から異動した者及び海外から異動した者を除きます。

要は入社後1年以内の者を新規雇用者ととらえるということですが、具体的に金額をどのように集計するのかが、従来の継続雇用者のような考え方が頭にあると理解できません。

この点、経済産業省のガイドブックでは、事業年度中の中途入社の考え方として、該当する給与について以下のような図表を示しています。

従来のような同一の雇用者の賃金があがっているか(賃上げ)ではなく、新規雇用者が増加しているかを給与額で判断するという仕組みといえます。新規採用者の数が増加している場合はもちろん、人数は少なくとも給与の高い人材を雇用した場合に、要件を満たす可能性が従来よりも高くなったのではないかと思います。

特段この税制を意識しなくても、結果的に税額控除の対象となるということは十分ありえますので、この制度があることは頭に入れておいた方がよいと思われます。

関連記事

  1. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?

  3. 名義変更保険の節税が不可能になるようです

  4. 短期前払費用特例適用の留意点

  5. 損害賠償金の税務上の取扱い(その3)-役員や従業員が起こした事故…

  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,136 アクセス
ページ上部へ戻る