閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:健康保険

健康保険を使用すると病院で治療を受けても基本的に3割の自己負担で治療を受けることができますが、一方で健康保険法では以下のとおり給付制限が設けられています。第百十六条 被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により、又は…

健康保険において被扶養者となるためには以下の三つの要件を満たす必要があります。主として被保険者の収入により生計を維持されている75歳未満の者であること被保険者の3親等内の親族であること年間収入が130万円未満(60歳以上…

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。「認定対象者の年間収入が…

カテゴリー

最近の記事

  1. T&A master No.877にニュース特集として”令和3年3月期における法人税の誤りやすいポイ…
  2. 定年後再雇用というのは一般的によく行われていることですが、定年後に付与される年次有給休暇は、再雇用後…
  3. 税務通信3649号の「税務の動向」に”事前確定 支給時期の変更でも損金算入OK”という記事が掲載され…
ページ上部へ戻る