閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:健康保険

健康保険を使用すると病院で治療を受けても基本的に3割の自己負担で治療を受けることができますが、一方で健康保険法では以下のとおり給付制限が設けられています。第百十六条 被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により、又は…

健康保険において被扶養者となるためには以下の三つの要件を満たす必要があります。主として被保険者の収入により生計を維持されている75歳未満の者であること被保険者の3親等内の親族であること年間収入が130万円未満(60歳以上…

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。「認定対象者の年間収入が…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2022年1月から改正電子取引制度が適用されることにより、従来認められていた電子取引データの紙出力保…
  2. 経営財務3523号で2021年9月8日に東京証券取引所が公表した「会計基準選択に関する基本的な考え方…
  3. 本日NewsPicksのNewsLetterで「四半期決算を廃止しよう」というメールが配信されてきま…
ページ上部へ戻る