menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  2. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  3. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  4. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  5. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  6. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
  7. サイトをhttps化しました
  8. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to …
  9. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)
  10. 公認会計士等の異動に係る適時開示ガイドブックが改正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

リース資産の表示科目

今回は、リース資産の表示科目の話です。

「リース取引に関する会計基準(企業会計基準第13号)」の適用開始時に検討して、その後は同様に処理を行っているというケースが多いので意識からほとんど消えていたのですが、今回、適用後約3年を経過して初めて資産計上しなければならないリース契約が生じたということで、「あれ?表示はどうするんだったかな・・・」と思いました。

すなわち、リース資産を「リース資産」として表示しなければならないのか、「車両運搬具」のような各科目に含めて表示しなければならないのかという疑問です。

「リース資産」として表示した会社もあったけど、この間の会社では各科目に含めていたような・・・

基準を見直してみると、第16項に「リース資産については、原則として、有形固定資産、無形固定資産の別に、一括してリース資産として表示する。ただし、有形固定資産又は無形固定資産に属する各科目に含めることもできる。」と書いてあります。

結局のところ「リース資産」として表示するのが原則ですが、各科目に含めてもよいということでどちらも可ということです。

どうりで両方見たような気がしたわけです。

なんとなく惰性で業務をこなしていたことを反省した出来事でした。

日々成長。

関連記事

  1. サマリー情報のみ先行開示した初の事例はLINE

  2. 「見積りの変更」の開示例

  3. 四半期報告書と決算短信を一本化?

  4. コーポレートガバナンスコードとは?-(その2)

  5. 借地権と資産除去債務計上の要否(その2)

  6. 保養所や社宅は「賃貸等不動産」の範囲に含まれるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 7,366,776 アクセス
ページ上部へ戻る