menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  2. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  3. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  4. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  5. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  6. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
  7. サイトをhttps化しました
  8. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to …
  9. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)
  10. 公認会計士等の異動に係る適時開示ガイドブックが改正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

計画停電時の休業手当の要否(厚生労働省通知)

厚生労働省から3月15日付で「基 監 発0 3 15 第 1号 計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて」が公表されており、計画停電時の休業手当について以下のような見解が示されました。

1.計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業

⇒企業側の責任ではないので休業手当の支給は不要

2.計画停電の時間帯以外の時間帯の休業

⇒原則として休業手当の支給必要

2-1.計画停電が実施される日において、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるとき

計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として休業手当の支給は不要

3.計画停電が予定されていなかったが、結果として実施されなかった場合

⇒計画停電の予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえて、上記に準して判断必要

参考までに、厚生労働省が公表したの「基 監 発0 3 15 第 1号」が公表されているURLは?以下の通りです。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

日々成長

関連記事

  1. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

  2. 残業の自己申告制について(その2)

  3. 時間単位年次有給休暇の繰越

  4. 従業員が会社の車で事故を起こした場合、事故損害を従業員に負担させ…

  5. 仮想通貨で給与を支払うことの問題点とは?

  6. 雇用保険料率が若干下がります-平成24年4月1日より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 7,366,807 アクセス
ページ上部へ戻る