menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  2. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  3. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  4. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  5. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  6. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
  7. サイトをhttps化しました
  8. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to …
  9. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)
  10. 公認会計士等の異動に係る適時開示ガイドブックが改正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

働きやすい会社ランキング2011(追加)-上位50社など

働きやすい会社ランキングについては、やはり関心が強いようですので、以前のエントリでは触れなかった11位以下の会社についても紹介します。

なお、ランキングは調査に回答した465社の人事・労務制度の内容と利用状況を点数化して行われたそうです。総合ランキングは、同時にビジネスパーソン約1800人のアンケートで重視された分野の制度に得点を傾斜配分するという手法を採用しているそうです。

まず、上位50位までのランキングは以下のようになっています。

そもそも、主要企業を対象に実施されているため有名企業ばかりですが、それでも1位と50位では総合得点で約100点も違うのは興味深いです。

ちなみに同日付の日経産業新聞には200位までのランキングが発表されており、例えばホンダは91位(前回48位)、日産自動車は155位(前回15位)となっています。
さらに200位以下については、順位は不明ですが回答企業一覧として記載されているので、興味のあるかたは同日の日経産業新聞20面をご確認下さい。

傾斜配点を実施する根拠となったビジネスパーソン調査で「非常に重視する」と答えた人の構成比も興味深いので紹介しておきます。

1位が休暇の取りやすさで、2位が労働時間の適正さというのは、経営者(特に中小企業)にとっては耳が痛い結果ではないでしょうか。特に2位の労働時間の適正さというのは、残業代の支給対象となる労働者か否かで回答割合がことなるのかについても知りたいところですが、残念ながらそのような情報は触れられていませんでした。

また、実際のアンケートの質問項目と回答割合も記載されていましたが、そのうちいくつかを紹介します。

働きたいと思ってもらうためには有給の消化率は最低50%以上で、月の残業は20時間程度が望ましいということでしょう。福利厚生の内容として、金額的には大したことがないのかもしれませんが保育料の補助やベビーシッターの補助を行っている会社が相当数あることに驚きました。

また、従業員満足度調査についても約8割の会社が実施ないし実施を検討しており、従業員満足を高めることが業績にも貢献するという認識が一般的になってきているように感じます。

日々成長。

関連記事

  1. 厚生年金制度改革-二分二乗方式って意味あるの?

  2. 実務家が押さえておきたい労働関係裁判例(平成23年)-ビジネスガ…

  3. 税理士法人の補助スタッフに対する裁量労働制の適用で税理士法人側が…

  4. 10月1日から施行される年金一元化で何がかわるか

  5. 有給休暇の消化を当年度付与分から優先するのは問題ない?

  6. 届出が必要な労使協定は?-労使協定の種類と届出の要否まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 7,367,016 アクセス
ページ上部へ戻る