閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

請求書が複数枚ある場合の専門家報酬の源泉徴収は?

今回は、複数枚の請求書がある場合の専門家報酬に対する源泉徴収についてです。

複数の案件を依頼しているような場合には、その案件ごとに請求書が送付されてくることがあります。そして、案件毎では報酬額が100万円以下であるため、請求書上で源泉税が10%(10.21%)で計算されているものの、複数枚の請求書を合計すると100万円を超えるような場合はどうなるのかです。

専門家報酬に対して源泉徴収する所得税の額については、原則10%(10.21%)とし、「ただし、同一人に対し1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、その超える部分については、20%(20.42%)」とされています。

そこで、「同一人に対し1回に支払われる金額」とは何かですが、この点については所得税基本通達205-1で以下のように定められています。

(同一人に対し1回に支払われる金額の意義)
205-1 法第205条第1号かっこ内及び令第322条《支払金額から控除する金額》の表に規定する「同一人に対し1回に支払われる金額」とは、同一人に対し1回に支払われるべき金額をいう。ただし、法第205条第1号かっこ内に規定する税率を乗ずべき金額の判定に当たっては、現実に1回に支払われる金額によって差し支えない。

したがって、請求書が複数枚に分かれていても支払日が同一で、総額が100万円を超えるのであれば、100万円を超える部分については20%(20.42%)で源泉徴収を行う必要があるということになります。

ただし、司法書士等に対する報酬について、「同一人に対し1回に支払われるべき金額」は所得税法基本通達205-2で以下のように定められています。

(同一人に対し1回に支払われるべき金額の意義)
205-2 令第322条の表に規定する司法書士、土地家屋調査士若しくは海事代理士の業務に関する報酬若しくは料金又は馬主が受ける競馬の賞金に係る205-1の「同一人に対し1回に支払われるべき金額」とは、それぞれ次に掲げる金額をいう。

(1) 司法書士、土地家屋調査士又は海事代理士の業務に関する報酬又は料金(2) 馬主が受ける競馬の賞金

1回の競走ごとに、かつ、出走馬1頭ごとに支払われる金額

日々成長

関連記事

  1. 国税庁から「平成25年分 年末調整のしかた」が公表されました-も…

  2. 重加算税の対象となる「特段の行動」とは

  3. ハズレ馬券訴訟-大阪地検は控訴の構え

  4. 白色申告であっても現金主義は認められない?

  5. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?

  6. 源泉所得税を過大に納付した場合はどうなる??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,599,098 アクセス
ページ上部へ戻る