閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ベースアップと改正退職給付会計基準における退職給付債務の計算の関係

トヨタ自動車が6年ぶりにベースアップを実施するというように今年の春闘ではベースアップを実施する企業が多くみられるようになっています。

このベースアップが退職給付会計に与える影響が今回のテーマです。

あまり意識していませんでしたが、改正退職給付会計基準では、改正前と比較してベースアップの取扱いについても変更されています。

改正前の退職給付会計基準注解3では、「退職給付見込額の見積において合理的に見込まれる退職給付の変動要因には確実に見込まれる昇給等が含まれるものとする。」と定められていました。

昇給「等」ですので、従来からベースアップについても考慮する余地はあったものの、「確実に見込まれる」もののみが対象となっていたため、昨年までの状況からすると実際にベースアップを勘案しているケースは少なかったものと考えられます。

一方、改正退職給付会計基準注解5では「退職給付見込額の見積りにおいて合理的に見込まれる退職給付の変動要因には、予想される昇給等が含まれる。(以下省略)」とされており、「確実に見込まれる」ものでなくとも「予想される」ものであれば織り込む必要があるということになりました。

この改正は、国際的な会計基準との整合性および割引率にインフレ率が反映されているような場合との整合性を保つことを目的としたものとなっています(改正退職給付会計基準57項)。

したがって、今後ベースアップが予想されるのであれば、今期末の退職給付債務の計算にも織り込む必要があると考えられますが、ベアも2000円とか3000円というレベルなので、今後も継続的にベースアップが予想されるというのでなければ、従来見込んでいた昇給率の誤差の範囲として処理できるのではないかと思います。

一方で、ベア1万円を公表した餃子の王将を展開している王将フードサービスの場合は、重要な影響があるのではないかと推測されます。同社の有報によると、年間平均給与が約470万円ですので、賞与分が4か月と想定すると一月の給料は約30万円程度と計算されます。
これに対する1万円ですので、計算される退職給付債務の金額にかなり影響するのではないかと思います。

データ基準日から貸借対照表日までに重要なデータの変更があったときは、退職給付債務等を再度計算することが求められていますので、今回のベアがもともと織り込まれていたかどうかによって、場合によっては今から基礎データを変更して計算を依頼するということも必要になるのかもしれません。

果たしてどの程度の影響があるのものなのか、平成26年3月期の王将の有報が気になります。

日々成長

関連記事

  1. どのような退職給付制度が採用されていることが多いのか?

  2. 証券会社の年金資産の長期期待運用収益率が0%というのは考えさせら…

  3. 「税効果会計に関するQ&A」の改正案-退職給付債務の未…

  4. 複数事業主制度の退職給付注記-退職給付適用指針の改正

  5. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  6. 「退職給付に関する会計基準」は割引率の改正が影響大?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 3月 15日

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,742 アクセス
ページ上部へ戻る