閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

小規模企業共済制度の改正

すこし時間が経ってしまいましたが、中小企業基盤整備機構が運営している小規模企業共済制度の内容が平成23年1月1日より一部変更になりました。

もっとも大きな変更点は、個人事業の場合の加入者範囲の拡大だと思います。

簡単にいうと、一定の要件が必要とされますが、後継者や親族以外の共同経営者も加入への道が開けたということになります。
ただし、加入できる共同経営者は一事業主につき2名までとされています。

一般的には個人事業で親族以外の共同経営者というのはあまりいないかもしれませんが、士業の事務所ではニーズがあると思います。共同事務所のような形で3名程度が中心に事業を行っている事務所というのは相当数あるのではないでしょうか。

このような場合に、今後は退職金を準備する手段として小規模企業共済制度を検討する価値があります。制度の詳細については、中小企業基盤整備機構のHPをご確認いただきたいのですが、簡単に記載すると以下の通りです。

月額の掛金:千円~7万円の範囲で、500円単位で事由に設定できます。この制度の最大のメリットは掛金全額が所得控除の対象となることです。

所得の水準と、各月の掛金での節税額の試算額は以下のようになっています。

(出典:中小企業基盤整備機構作成のパンフレットより)

継続して所得がある程度見込まれなければなりませんが、節税額を加味すると結構大きな効果が期待できます。

ただし、解約する場合は、加入期間が20年未満の場合は、解約手当金が掛金合計を下回る点については注意が必要です。もっとも、資金が必要になった場合には、契約者への貸付制度もありますし、どうしても資金化したいということであれば、一度廃業してしまうということも可能ではないかと思います。

現在はまだ利用していませんが、将来利用を検討したいと思います。

日々成長

関連記事

  1. いったいいくらもらえるの?-遺族年金(その1)

  2. 外形標準課税の所得割比率の見直し-激変緩和で税効果は面倒になりそ…

  3. ゴルフ会員権の処理(その3)ー預託金会員制ゴルフ会員権評価損の法…

  4. 残業代の翌月払いは違法なのか?

  5. 平成23 年度税制改正大綱-その2

  6. 特定支出控除-ここでも会計士は冬の時代を反映?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,999,206 アクセス
ページ上部へ戻る