閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

Evernote

既に使用されている人も多いと思いますが、今日はEvernoteについてです。

仕事柄、クライアントから専門的な質問を受けることがあります。もちろんすぐにわかることもありますが、時間をかけて調べなければならないこともあります。

せっかく時間をかけて調べても、時間が経ってまた同じような質問をうけると、結論だけはなんとなく覚えているけど根拠は何だったかのか等詳細を思い出せないことがありました。そこで、過去のメールを調べてみたりするのですが、非常に効率は悪いので何とかしたいと思っていました。

一時はWord Fileで質問内容と回答をまとめてみたりしましたが、あとでの検索があまりうまくいかないことや、まとめるのに必要以上に時間がかかったして、やはり効率的とは言えませんでした。

そんなときEvernoteの存在を知って、使用し始めました。
Evernoteは、Webのページを簡単にクリップして保存しておけるし、調べた内容も後日検索をしやすいようにタグ設定をすることができます。
また、プレミア版であればPDFファイル、Excel,Word等のファイルもアップロードできるので非常に便利です。特にPDFファイルが利用できるので、質問に対して回答となりうる参考文献の該当ページをPDF化して保存しておくというような利用法も可能となります。

このように利用すれば、あらためてまとめたりすることなくファイルをアップロードするだけで済みます。あとは自分が検索しやすいようにタグの設定やノートブックの細分化を行っておくだけで済みます。

プレミアム版は年間で45ドル(月だと5ドル)程度の費用がかかりますが、昨年の12月に月のアップロード容量が1GBに拡大されたことにより、業務の効率化を目的として普通に使用する分には十分な容量になったと思います。

アップロードできる容量は月60MBに制限されますが、無料版もあるので使用したことがない方は一度使用してみることをお勧めします。

日々成長

関連記事

  1. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  2. ロジクールのトランスフォームキーボードTK900

  3. マウスの水平スクロール

  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)

  5. FastStone Capture

  6. イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,999,183 アクセス
ページ上部へ戻る