閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.0でページごとに表示件数を変更するプラグイン

WordPressでテーマTwentytenを使用していると、「設定」で表示した件数が、トップページ、カテゴリーやアーカイブのページ等の表示件数に適用されてしまいます。

アーカイブのページをリスト化して表示するようにしているので、ある程度の件数が表示されるようにしたい一方で、この件数を大きくしてしまうとトップページの表示件数が多くなってしまいます。

ページごとの表示件数を変更しようとどうすればいいのか、「Wordpress3カスタマイズブック」とにらめっこしていましたが素人なのでよくわかりませんでした。

が、便利なプラグインが紹介されているのを発見しました。Wordpress3.0でも問題ないのかよくわかりませんでしたが、結果として特に問題はないようです。

それは、Custom Query Stringというプラグインです。公式プラグインではないそうなのでWordPressのプラグイン検索では発見できません。

Custom Query Stringのダウンロード←ZIPファイルのダウンロード先

上記のサイトの真ん中くらいにある以下の矢印をクリックするとZIPファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードされたZIPファイルを解凍し、そのフォルダをプラグインのフォルダにアップロードするとインストールが完了します。

インストールが完了すると、「設定」の項目に「CQS」という項目が追加されます。これをクリックすると以下のような画面が表示されます。

使い方は、上記のQueryで表示件数を設定したいページを選択します。上記の場合は、アーカイブのページの表示件数を設定することになります。
そして「Show」欄に表示したい件数を入力するとその指定した件数通りの表示件数となります。

「Order By」というのは並べ順の指定で、上記の場合は日付順ということになります。
最後に右端のAddをクリックすると設定は完了です。

素人には非常にたすかるプラグインでした。

日々成長

関連記事

  1. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

  2. WordPress Twentytenでサイドバーの幅を変更する…

  3. 約5000件のサイト改ざんが発生したようです

  4. カテゴリーの階層化

  5. 「いいね」ボタンのプラグインを変更しました

  6. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,404,605 アクセス
ページ上部へ戻る