閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

先日付小切手の振出人の会計処理

先日付の小切手の会計処理について、受け取った側は受取手形として処理するというのは簿記の勉強でも度々登場しましたが、逆に振り出した側の処理については簿記で出てきた記憶がありません。

振り出した側はどのように会計処理すべきなのでしょうか?

ごく単純に考えれば受け取った側が受取手形で処理するのだから、振り出した側は支払手形で処理すべきということになります。

しかしながら、小切手の場合、法律上、先日付は意味をもたず期日前でも受取人が銀行に持ち込めば換金できることになっています。ただし、銀行はその小切手を取り立てることによって不渡りが出てしまうことを懸念して、素直に取立てに応じてくれないことも多いようです。が、それでもなんでも換金したいと言い張れば、換金できてしまいます。

そうだとすると、未取付小切手(小切手を振り出して渡しているが、受取人が銀行に持ち込んでいない状態の小切手)と同じとも考えられます。未取付小切手の場合は、現金で支払っているのと同じようなものなので、小切手の振り出し時に当座預金を減額する処理が行われます。そのまま決算をむかえても会計上調整は不要で、いわゆる銀行勘定調整表で会社が修正不要な調整項目として登場することになります。

このように考えると、振り出した側は当座預金を減少させる必要があるということになりますが、先日付小切手の振出人は資金繰りが苦しいためそのような小切手を振り出していることが多く、仮に当座預金を減少させようとした場合、預金残高がマイナスになってしまうこことが予想されます。

ここで、そもそも受け取った側は、なぜ即時換金可能な先日付小切手を受取手形として計上する必要があるのかを考える必要があります。

先日付小切手が振り出される場合は、振出人と受取人で小切手に記載されている日付まで取立てに出さないという合意がされていることが一般的です。というのは受取人が、予定していた日よりも前に小切手を取立てに出してしまったら不渡りが発生し、倒産してしまう可能性があるためです。

会計上は、この実態が受取手形に類似していることを重視して受取手形として計上することとされています。そうだとすると、振り出した側でも、その実態を重視してやはり支払手形として計上するという結論が無難だと考えられます。

ただし、先方となんの合意もなく先日付小切手を振り出したとしたならば、当座預金をマイナスし、マイナス残高となったら当座借越のようなものとして短期借入金に振り替えるというのが理論的だと考えます。

日々成長

関連記事

  1. 大手監査法人は対応が遅い?

  2. 連結納税の税効果(その1)

  3. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?

  4. 決算日変更の会計処理-多数派はPL経由処理

  5. 自己株式の会計処理(その1)

  6. 共通支配下の事業譲渡に係る税効果-個別財務諸表の処理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,035 アクセス
ページ上部へ戻る