閉じる
閉じる
閉じる
  1. 監査報酬は6年連続増加傾向-2020年版上場企業監査人・監査報酬実態調…
  2. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  3. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  4. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  5. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  6. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  7. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  8. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  9. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  10. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成23年度 健康保険料率

協会けんぽの平成23年度の保険料率が2月10日に決定しました。

料率は都道府県によって若干異なりますが、平均では9.34%⇒9.50%と0.16%の増加となっています。
関東各県の変更前、変更後の保険料率は以下表のとおりです。なお、新保険料率は平成23年3月分から適用されます(任意継続被保険者、 日雇特例被保険者の方は4月分から)。

変更前       変更後

(出典:協会けんぽHPより)

健康保険組合の保険料率については、かなりばらつきがありますが保険料を引き上げている健保組合が多いようです。
平成23年3月分から現行の7.9%⇒8.9%へ1%保険料を引き上げる健康保険組合もありました(平成24年3月分からの保険料はさらに引き上げが見込まれる旨が記載されています)。
一方で、平成22年9月に1%の引き上げを行ったもののそれでも保険料が7.2%という健康保険組合もあります。

どの健康保険に加入しているかで、だいぶ違うものですね。

将来年金がもらえるのかという話はよくクローズアップされますが、年金制度よりも医療保険制度が先に破綻する可能性の方が高いのではないでしょうか。
高齢化が進み、これからますます医療費が増加するのは明らかです。一方で現役世代人口は減少し保険料も少なくなるわけですから苦しい状況は続きます。

将来的には保険料も継続して上昇していくでしょうが、限界がありますので、最終的には自己負担割合を引き上げるということになるのではないかと思います。
その議論の中では、おそらく被扶養者の自己負担割合を高くするということも議論されるのではないかと思います。さすがに子供の医療費の自己負担割合を高くするということはしないと思いますが、専業主婦や23歳以上の子供の負担割合を高くするということはありうると思います。

公的医療制度が変更されれば、個人で加入している医療保険も見直しが必要となりますので、今後の動向には注意しておきたいと思います。

日々成長。

関連記事

  1. いったいいくらもらえるの-遺族年金(その3)

  2. 厚生年金基金の改革案は、なんだかおかしな気がするのは私だけ?

  3. 残業の自己申告制について(その1)

  4. 新人歓迎会での余興命令はパワハラになる可能性があるので要注意

  5. 「インバスケット思考」を読んで

  6. 厚生年金基金の実態と廃止に向けた問題は?(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,788,164 アクセス
ページ上部へ戻る