閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  2. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  3. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  4. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  5. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  6. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  7. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  8. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
  9. 2019年IPO会社の監査報酬動向など
  10. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

青色申告の届出

個人事業所得の場合、所得税として確定申告を行わなければなりませんが、青色申告だといくつかのメリットを受けることができます。

典型的には最大で65万円の青色申告特別控除が受けられるというものがあります。特にサイドビジネスとして個人事業を営んでいるような場合には、大きなメリットがある制度です。

ところで、青色申告の特典を受けるためには、紙1枚の話ではありますが、「青色申告承認申請書」を所轄税務署長に届け出る必要があります。
個人事業の開始の届出と同時に提出する方が多いのではないかと思いますが、事業開始の届出のみをしている場合には届出の期限が問題となります。

青色申告の届出期限は以下のようになっています。

①1月1日~1月15日までに開業した場合 ⇒ その年の3月15日まで

②1月16日以降に開業した場合  ⇒ 事業を開始した日から2カ月以内

③従来白色申告で、青色申告の適用を受けようとする場合 ⇒ 青色申告の適用を受けようとする年の3月15日まで (2010年分の確定申告で青色申告の適用を受けたい場合は、2010年の3月15日まで)

提出期限は、上記のようになっていますので、青色申告の届出を提出していなかった人が、確定申告の段階になって気づいても手遅れということになってしまいます

この場合は、どうしようもないので確定申告をするのと同時に青色申告の届出をして、翌年から青色申告の適用を受けるということにするしかありません。

紙ぺら1枚ですが、非常に重要な届出ということになりますので、お忘れなく。

日々成長

関連記事

  1. 事業年度が1年未満の場合の減価償却限度額

  2. 労働保険料の概算保険料の損金算入時期

  3. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案

  4. 非支配目的株式等の継続保有要件はやはり設けられないようです

  5. 政府税制調査会-減価償却方法を定額法に一本化する方向で検討

  6. 平成23年税制改正大綱-その6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,173,903 アクセス
ページ上部へ戻る