閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

青色申告の届出

個人事業所得の場合、所得税として確定申告を行わなければなりませんが、青色申告だといくつかのメリットを受けることができます。

典型的には最大で65万円の青色申告特別控除が受けられるというものがあります。特にサイドビジネスとして個人事業を営んでいるような場合には、大きなメリットがある制度です。

ところで、青色申告の特典を受けるためには、紙1枚の話ではありますが、「青色申告承認申請書」を所轄税務署長に届け出る必要があります。
個人事業の開始の届出と同時に提出する方が多いのではないかと思いますが、事業開始の届出のみをしている場合には届出の期限が問題となります。

青色申告の届出期限は以下のようになっています。

①1月1日~1月15日までに開業した場合 ⇒ その年の3月15日まで

②1月16日以降に開業した場合  ⇒ 事業を開始した日から2カ月以内

③従来白色申告で、青色申告の適用を受けようとする場合 ⇒ 青色申告の適用を受けようとする年の3月15日まで (2010年分の確定申告で青色申告の適用を受けたい場合は、2010年の3月15日まで)

提出期限は、上記のようになっていますので、青色申告の届出を提出していなかった人が、確定申告の段階になって気づいても手遅れということになってしまいます

この場合は、どうしようもないので確定申告をするのと同時に青色申告の届出をして、翌年から青色申告の適用を受けるということにするしかありません。

紙ぺら1枚ですが、非常に重要な届出ということになりますので、お忘れなく。

日々成長

関連記事

  1. 所得拡大促進税制-大量出向によって給与等の総額が増加した場合の取…

  2. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ

  3. 税理士試験受験申込者数減少傾向が止まりません

  4. 出国時課税制度

  5. 海外への出向者(非居住者)が日本に出張した場合の留守宅手当と源泉…

  6. 平成29年度税制改正(その6)-スクイーズアウトに関する組織再編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,040 アクセス
ページ上部へ戻る