閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

FastStone Capture

仕事でマニュアル等を作成しなければならないことがたまにあるのですが、従来は画面のスクリーンコピーをとって加工するというような作業をやっていました。

まあ、これでも何とかなるのですが、画面の下の方で開いているファイルが表示されてしまっていたり、デスクトップの画面が見えてしまったりするのでキャプチャソフトを使用しようと思い何かいいものがないか探してみました。

試してみたのは、FastStone Caputre、Capture it pro、TabDeCaptureの三つです。

FastStone Capture と?Caputre it?proは無料で30日間試用することができます。TabDeCaptureは機能限定版で試用することができます。また、FastStone Caputreは海外で作成されたソフトで、残りの二つは日本で作成されたものです。

値段は、FastStone Captureが約20ドル、Caputre it?proがダウンロード版で5,460円、TabDeCaptureが2,980円です。

この中から私は最終的にFastStone Captureを購入しました。

主な理由は、以下の三つです。
1 値段が安い
2 個人的に機能的も十分と感じられる
3 PDF Fileの加工にも使用できる

試した他のソフトではPDFフィルの加工はできないようでした。やり方によってはできるかもしれませんが、普通に使用できたのがFastStone Captureでした。
Caputre it?proは色々機能があるようですが、私にとって値段の差ほど魅力がある機能はありませんでした。

FastStone Captureの試用期間経過後はライセンスを購入しなければ継続使用できませんが、PayPalで支払いを済ませても、ライセンスKeyが送付されてくるまでに半日程度のタイムラグがありました。参考まで。

日々成長。

関連記事

  1. Acronis True Image Home 2010(バック…

  2. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

  3. ロジクールのトランスフォームキーボードTK900

  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)

  5. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

  6. Logicoolマウスでチャタリングが発生し、二重注文が・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,050 アクセス
ページ上部へ戻る