閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Tagページのカスタマイズ

記事の下に表示されるタブをクリックすると、関連する記事が表示されますが、この表示形式がひどい形式であることに気づきました。

元々の記事で設定されている段落が解除され、だらだらとした文字列になっていてとても読める代物ではありませんでした。

カテゴリーやアーカイブからの表示は直したのですが、まさかタブからの表示もこうなっているということには今日まで気づきませんでした。

アーカイブやカテゴリーと同様に修正しようとしましたが、一つ問題が生じました。その問題とは、そのタグに一つしか記事が存在しない場合エラーになってしまうことです。
これは困ったと思い調べた結果、便利なプラグインが存在することが分かりました。

“Simple Tag”というプラグインです。日本語バージョンもありますが、私がダウンロードしたURLはすでにリンク切れになってしまっていました。

使い方はダウンロードしたファイルを解凍して、「simple-tags」フォルダを、フォルダごと、

wp-content/plugins/ フォルダにアップロードします。
管理パネルで、「プラグイン」をクリックし、プラグイン設定画面を開くと、「 Simple Tags 」という項目があるので、有効化をクリックして有効化します。

すると管理画面の「設定」項目に「Simple Tags」という項目ができているので、必要な項目の設定を行います。

この結果、タグに記事が一つしかなくてもエラーは生じなくなりました。が、なぜか記事が一つの場合はリスト化されず表示が読みにくいままです。
なんとか改善したいところですが、時間がかかりそうです。

関連する記事をもう一つ投稿すればよいのですが、それだけのために無理やり書くのもなんなので改善方法を模索しようと思います。

日々成長

関連記事

  1. WordPress3.3.1へのバージョンアップ準備(その2)

  2. Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPres…

  3. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

  4. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

  5. ブログデザインの変更

  6. スマートフォン用のテーマを導入しました




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,404,605 アクセス
ページ上部へ戻る