閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPressの自動更新

私はWADAXのレンタルサーバー+Wordpressという組み合わせでこのBlogを作成していますが、最近プラグイン等の更新情報が表示されるようになりました。

普通のことなんでしょうが、今年から使用を開始したため初めての経験です。そこで、さっそくプラグインの更新を行おうと思いましたが、更新を行おうとすると、「ホスト名」、「ユーザー名」、「パスワード」の入力を求められます。

そこで、自分のサーバー名称、FTPのユーザー名、パスワードを入力したのですが更新ができません。

どうしたものかと色々調べていたら、答えはWADAXのFAQにありました。最初からここを確認するべきでした。
ホスト名は、自分の使用しているサーバー名はなく、IPアドレスを入力する必要があるとのこと。IPアドレスはNSLOOKUPで調べるかサポートに問い合わせてくださいとのこと。
WADAXのサポートには何度かお世話になっていますが、対応は親切で対応も早いという印象ですが、すぐに処理を行いたかったのでNSLOOKUPでIPアドレスを調べる方法を調べてみました。手順は以下の通りでした。

1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2.「cmd」と入力して「OK」をクリックします。あるいは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でコマンドプロンプトを起動します。

3.”nslookup”+” “(半角スペース)+” 調べたいURL”をと入力して「Entre」キーを押します。
nslookup の前にスペースは不要です。nslookup とURL の間には半角スペースを入れます。

これを実行すると、

Non-authoritative answer:
Name: ? 自分のURL(例えば XXXX.co.jp等)
Address: ここに表示されるのが今回調べたかったアドレス

更新を行ったときに要求される「ホスト名」に上記のアドレスを入力したところ、無事更新作業が完了しました。



日々成長

関連記事

  1. ブログデザインの変更

  2. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

  3. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

  4. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  5. カテゴリーの階層化

  6. Tagページのカスタマイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,924 アクセス
ページ上部へ戻る