閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPressの自動更新

私はWADAXのレンタルサーバー+Wordpressという組み合わせでこのBlogを作成していますが、最近プラグイン等の更新情報が表示されるようになりました。

普通のことなんでしょうが、今年から使用を開始したため初めての経験です。そこで、さっそくプラグインの更新を行おうと思いましたが、更新を行おうとすると、「ホスト名」、「ユーザー名」、「パスワード」の入力を求められます。

そこで、自分のサーバー名称、FTPのユーザー名、パスワードを入力したのですが更新ができません。

どうしたものかと色々調べていたら、答えはWADAXのFAQにありました。最初からここを確認するべきでした。
ホスト名は、自分の使用しているサーバー名はなく、IPアドレスを入力する必要があるとのこと。IPアドレスはNSLOOKUPで調べるかサポートに問い合わせてくださいとのこと。
WADAXのサポートには何度かお世話になっていますが、対応は親切で対応も早いという印象ですが、すぐに処理を行いたかったのでNSLOOKUPでIPアドレスを調べる方法を調べてみました。手順は以下の通りでした。

1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2.「cmd」と入力して「OK」をクリックします。あるいは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でコマンドプロンプトを起動します。

3.”nslookup”+” “(半角スペース)+” 調べたいURL”をと入力して「Entre」キーを押します。
nslookup の前にスペースは不要です。nslookup とURL の間には半角スペースを入れます。

これを実行すると、

Non-authoritative answer:
Name: ? 自分のURL(例えば XXXX.co.jp等)
Address: ここに表示されるのが今回調べたかったアドレス

更新を行ったときに要求される「ホスト名」に上記のアドレスを入力したところ、無事更新作業が完了しました。



日々成長

関連記事

  1. WordPressにfacebookの「いいね!」ボタンを追加す…

  2. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

  3. WordPress Twentytenでサイドバーの幅を変更する…

  4. 「いいね」ボタンのプラグインを変更しました

  5. スマートフォン用のテーマを導入しました

  6. ブログデザインの変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,423,579 アクセス
ページ上部へ戻る