閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

天災と自動車保険

自動車保険については、そもそも車両保険に加入していなければ車両の補償は受けられませんが、車両保険に加入している場合であっても、天災の場合は補償対象となるものとならないものがあります。

補償対象外

原則として天災のうち「地震」「津波」「噴火」の場合は補償の対象外となっています。この他、「戦争」「武力行使」「暴動」「核燃料による爆破」なども対象外となっています。

補償対象

「火災」「爆発」「台風」「洪水」「高潮」「落書き」「いたずら」「物の飛来」「物の落下」など

したがって、津波で車が流されてしまったという場合は、原則として保険で補償をうけることはできません。「台風」「洪水」「高潮」は補償されるのに、「津波」は補償されないのは、「地震」「津波」「噴火」を対象としてしまうと、そのような天災が起きた時の支払額が多額となりすぎる(会社が支払いに耐えられない)ということによるようです。

このような考え方は、地震保険について火災保険の保険金額の50%を地震保険の保険金額の上限として制限している理由と同じです。

「地震」「津波」「噴火」など被害が大きくなりそうな時に必要な給付が受けられないのは困るので、これらの天災時にも補償してくれるような保険がないのかと考える方もいると思います。
基本的な補償内容として、これらの天災をカバーしている車両保険はないようですが、天災特約というような形で特約を付加することができるケースがあるようです。

阪神大震災以前は、天災特約についてパンフレットに記載されていたケースもあったようですが、現状はパンフレットに載っているようなものではなく、保険会社(代理店)から積極的にアプローチがあるわけでもないので、自ら聞いてみるしかありません。

例えば、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が代理店向けに出している通知では以下のように記載されています。

上記から明らかなように「特別な申請があり、承認があった場合」のみ加入可能な特約です。保険会社といえども利益を上げることを目的としているので大口加入者のみに加入が認められていたというようなことも考えられますが、一般人も加入可能であったと信じたいものです。

日々成長

関連記事

  1. 保険の告知義務違反は2年で時効?

  2. 単独加入できる地震保険-Resta

  3. 保険会社が来店型販売代理店に支払う販売手数料はどれくらい?

  4. ライフネット生命(ネット生保)の使い方

  5. 日本人は保険好き?

  6. 生命保険料控除が来年から変更になるって知ってますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,777 アクセス
ページ上部へ戻る