閉じる
閉じる
閉じる
  1. 個人がポイントを取得・使用した場合の課税関係
  2. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ
  3. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  4. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  5. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  6. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  7. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  8. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  9. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  10. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「どこでもシート」って便利ですよ

セーラーが発売している「どこでもシート」という商品がなかなか便利です。

これが何かと言えば、ホワイトボードの代わりになるものです。イメージとしては模造紙のようなものですが、静電気で窓ガラス等に貼り付けて使用することができます。

安いホワイトボードを購入したら、ホワイトボード用のマーカーにも関わらず消しても跡がのこるので何とかならないかなと思っていたところ発見したのがこの商品でした。
ミシン目に沿って切り取った場合の1枚の大きさは60センチ×80センチなので、ホワイトボードの代わりに使用するとすると3枚位必要ですが、1箱で25枚分入っています。定価は3675円ですが、Amazon Primeに加入していれば2,990円で購入可能です(5/19現在)。

その他使い方としては、プロジェクターのスクリーンとしても使える可能性がありますし、会議等で机の上に広げて色々書いてみることもできます。あるいは会議をする場所の選択肢も広がるかもしれません。
また、自分の座席の傍に貼れる場所があれば、個人用のホワイトボードとなりちょっとしたことをメモしておくのに便利です。

なかなか面白い商品です。

日々成長

関連記事

  1. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  2. Excelの使い方を改めて確認してみた(その6)

  3. Wordの不思議(その2)-インデントマーカーの不思議

  4. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  5. Google Chromeのエクステンション使ってますか?

  6. 書籍のPDF化-Scansnap S1500+PK513L

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,196,676 アクセス
ページ上部へ戻る