閉じる
閉じる
閉じる
  1. 個人がポイントを取得・使用した場合の課税関係
  2. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ
  3. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  4. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  5. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  6. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  7. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  8. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  9. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  10. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

浜岡原発停止の疑問点

中部電力が政府(首相?)の要請をうけ、浜岡原発の全炉停止を決定したということですが疑問点が二つあります。

第一に、公共性が強いと言っても民間企業に対して、突然政府が口出しする根拠がよくわかりません。万一の場合の影響が大きいからというのはわからなくもないですが、それなりの手続きを踏んでやるべきではないかと感じます。
とっとと決めればいいことを決めず、手続きを踏んでやるべきことをショートカットするというのは、厳しいようですが終わっていると強く感じます。

中部電力としても、民間企業として受け入れるかどうかの検討をするという姿勢でしたが、この要請を受け入れずに、地震等で万一のことがあったとしたならば政府の要請を拒んだということですべての責任を中部電力が負わなければならない可能性があるため、赤字になっても逆らえないでしょう。一言でいえば脅迫ですね。

第二に、今回の原発の操業停止により中部電力の株価は10%程度下落し、株主(私は株主ではなりません、念のため)は経済的な損失を負っています。仮にこの位の株価が継続するならば、事故も何も起こっていない状況で 株主が責任を取らされているという見方もできます。だったら、既に悲惨なことになっている東京電力の株主の責任が甘すぎないかと感じます。

国有化でもなんでもして、既存株の価値をなくして、それでも東京電力の株に投資したいという人に対し新株を発行すればいいのではないでしょうか。

ずるずる行きそうな気配からすると、公的年金が大量に東京電力株を保有しており、株価を回復させたいという思惑があるのではないかと疑いたくなります。

日々成長。

関連記事

  1. 福島原発の現状

  2. 3年目に突入

  3. 福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか-大前研一氏を総括責任者と…

  4. 日本からも使用できる方法があったPandra Radio

  5. 今日はお休みします・・・

  6. メニコンが1日使い捨てコンタクトに参入-パッケージは斬新ですが・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,196,826 アクセス
ページ上部へ戻る