閉じる
閉じる
閉じる
  1. 懲戒請求に被超会社の意思確認は必要なし
  2. 2019年12月17日に上場予定のfreeeが社宅管理関連のプロダクト…
  3. 消費税の増税で顧問料等に係る源泉税の取扱いが話題に?
  4. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  5. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  6. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  7. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  8. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  9. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
  10. 海外住宅投資の節税認めず-富裕層課税強化へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「適用額明細書」って何?-平成23年4月1日以後終了事業年度から必要

平成22年度税制改正において、「租税特別措置法の適用状況の透明化等に関する法律(租特透明化法)」が制定されています。

これにより、平成23年4月1日以後終了する事業年度において法人税関係の租税特別措置を適用する場合には、「摘要額明細書」を作成し、法人税申告書に添付して税務署に提出する必要があります。

「平成23年4月1日以後終了する事業年度」なので4月決算や5月決算の会社は要注意といえそうです(3月決算の会社については、直前に色々なところで話題になると思いますので・・・)。

特に中小企業は注意が必要です。試験研究を行った場合の法人税額の特別控除や中小企業者等が機械を取得した場合の特別償却もないし租税特別措置法なんて関係ないと思ってしまいますが、中小企業者等の法人税率の特例(18%部分)も租税特別措置法の適用を受けていることにあたります

「適用額明細書」の添付がなかった場合又は添付があっても虚偽の記載があった場合には、法人税関係特別措置の適用が受けられないこととされています(「適用額明細書の記載の手引(国税庁)A5」。

適用額明細書の提出を失念等した場合であっても、その後速やかに提出ないし再提出すればよいが、提出しなかった場合は最終的に租税特別措置法の適用を受けられないことになってしまいます。

具体的な記載方法等は、「適用額明細書の記載の手引(国税庁)」に記載されていますので、以下のURLを参照してください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hojin/tekiyougaku/pdf/all.pdf

日々成長。

 

関連記事

  1. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その2)

  2. DES方式と清算方式で課税関係は大きく異なる可能性があるので注意…

  3. 控除対象外消費税は交際費の判定に影響するか

  4. 平成29年度税制改正(その5)-法人税等関連(スピンオフに関する…

  5. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

  6. 「スキャナ保存」の落とし穴?-民事裁判での証拠力は・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,011,323 アクセス
ページ上部へ戻る