閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

精神障害を事由とする労災申請(その3)

今回は「精神障害を事由とする労災申請(その1)」の追記になります。

2011年6月14日に厚生労働省から平成22年度の「精神障害等の労災補償状況」のデータが発表されました。

平成22年度の「精神障害等」による労災の請求件数は1181件(前年比103.9%)となっています。また、支給決定件数は308件(前年比131.6%)で認定率は29.0%(平成21年度は27.5%)となっています。

平成14年度以降の推移をグラフにすると以下のようになります。

なお「請求障害等で支給決定された事案」の1か月平均の時間外労働時間別の決定件数は以下のようになっています。

(厚生労働省 2011年6月14日公表資料より抜粋)

上記の表では請求件数との関係がわかりませんが、全体の決定件数に占める80時間以上の件数の割合をみると約32%から約41%に増加しており、やはり時間外労働80時間というのがポイントとなりそうです。

日々成長。

関連記事

  1. 実務家が押さえておきたい労働関係裁判例(平成23年)-ビジネスガ…

  2. 健康診断の受診時間は労働時間か?

  3. 第1回賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会開催されたそう…

  4. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応…

  5. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

  6. 学生バイトが学校から移動中に災害にあった場合に通勤災害となるか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,420,418 アクセス
ページ上部へ戻る