閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPress

最初に確認しておくと、私のサイトはWordpressのテーマtwentytenで現状のバージョンは 3.1.2です。なんでこんなことを最初に書いておくかというと、私も素人なので、使用しているテーマ等が異なり、ファイル等の構成が異なるとどうしていいかよくわからないためです。

Googleの検索ボックスを設置しているサイトをみてどうやるんだろうと思っていたら、どうやらAdsenseの一種で「検索向けAdsense」を使用すればいいらしいことがわかったので試してみました。

検索向けAdsenseを使用すると、検索対象は特定のサイト(自分のサイト)かあるいは通常のGoogle検索のようにすべてのサイトかを選択できます。

当初、もともとウィジェットにあった「検索」でサイト内の検索はできるので、検索ボックスを二つにしてみましたが、IEにしてもCromeにしてもタブ方式で次々に画面を開いて検索していけるので自分のサイトに自分のサイト以外を検索するボックスはなくてもいいのではないかというように考えなおしました。

だったら、最初から機能としてあるウィジェットの検索機能を使用すればいいということになりますが、あれこれ試行錯誤してやってみたのでとりあえず使用してみることにしました。

基本的には以下のサイトの「WordpressにGoogle検索向けAdsenseを導入する方法」にやり方が詳しく記載されていましたので、それを参考にさせていただきました。
http://orangeorange.jp/archives/12812

ただし、上記のサイトで「2 WordPressに検索用テンプレート追加」で表示されているコードは以下のようにしないと、検索結果を表示するページに無駄な文字が表示されてしまいます。

< ?php
/*
Template name:googlesearch
*/
get_header(); ?>

また、検索ボックスのコードをどこに貼りつけるのかも困りましたが、これについては、ウィジェットの中に「テキスト」という項目があるので、それを利用することができることがわかりました。
この?ウィジェットを使用することにして、ここに取得した検索ボックスのコードを貼りつけることによって検索ボックスを作成することができます。

これで使用できるようになりましたが、検索結果で表示されるページをもう少し絞り込めないか検討する必要がありそうです。

日々成長

 

関連記事

  1. WordPress Twentytenでサイドバーの幅を変更する…

  2. 最近1週間読まれている記事を表示するプラグイン-WordPres…

  3. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…

  4. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

  5. WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

  6. WordPress3.0でページごとに表示件数を変更するプラグイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,566,480 アクセス
ページ上部へ戻る