閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ
  2. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  3. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  4. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  5. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  6. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  7. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  8. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  9. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
  10. 2019年IPO会社の監査報酬動向など
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Windows7のProfessionalからUltimateへのアップグレード

そろそろPCの買い替えの時期なので、Windows7のProfessionalが搭載されているノートPCの購入を検討していました。

ただ、データの暗号化を可能にするBitLockerの機能を使用したいのでUltimeteへアップグレードしたいと思って調べたら、どうやらAnytime Upgradeというソフトでアップグレードが可能だということがわかりました。

ここまでは、どうという話ではありませんが、Home PremiumからUltimateへのAnytime Upgradeについてパッケージ版の定価が17,640円ですが、Amazonで購入すると13,284円で購入することができます。

一方で、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeについては、マイクロソフトのHPによると「オンラインの提供のみ」となっており、パッケージ版の販売はなく、販売価格は16,590円となっています。

つまりHome PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したほうが安いのです。大は小をかねるというのであれば、Home PremiumからUltimateのパッケージ版を購入したいと思ったのですが、それが可能かをマイクロソフトに問い合わせてみたところ、ProfessionalからUltimateのものを購入しなければだめとのことでした。

うーん、なんとかならないもんですかね。マイクロソフトさん・・・

(追記)
上記のようにオンラインで購入するしかないかないので、ProfessionalからUltimateヘの?Anytime Upgradeを購入しました。アップグレードするための処理については、難しいことなく完了しました。ただ、やはりなんか損した気がします・・・

日々成長

関連記事

  1. マルチモニタ

  2. Logicoolマウスでチャタリングが発生し、二重注文が・・・

  3. リーズナブルな価格の海外データ通信

  4. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  5. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)

  6. Word2016の翻訳機能は使える?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,180,972 アクセス
ページ上部へ戻る