閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ノートPC増設メモリ末尾の”/E”は何だ?

ノートPCを買い替えて、東芝のdynabook R731/W4UC ?PR7314UCAJBW3を購入しました。このモデルは東芝直販モデルで、量販店では売っていないモデルとなります。
何が違うかというと、SSDの容量が256GBで、類似の店頭モデルは128GBのものしかありません。仕事柄それなりにデータ量が多くなるので、128GBだと若干不安がのこるため直販モデルを購入しました。

さて、今日の本題ですが、OSを64ビットにしたので(上記のPCは元々32ビットと64ビット双方のOSが積まれており選択できるようになっています。逆に言えば無駄に容量を食っているといえます)、メモリを増設して8GB(当初4BG)にすることにしました。

対応メモリを探していると、バッファロー製のPC3-10600(DDR3-1333)4GB D3N1333-4G/Eというメモリがアマゾンで4180円で販売されていました。バッファロー社のサイトで対応を確認すると、夏モデルはまだ登録されていないようで対応しているのかわかりません。
ただ、春モデルでは?PC3-10600(DDR3-1333)4GB D3N1333-4Gが対応メモリとして表示されています。

ここで、アマゾンで販売されていた型番をよく見ると末尾が”G/E”となっています。確かに”G”で終わる型番のものも販売されていますが値段は倍くらいします。

これは何だ?

ということで、調べてみるとどうやら、”G/E”となっているのは実質型落ちの商品らしく、パッケージが簡素で保証期間が5年と通常の製品版よりも1年短いということがわかりました。

使用できるのかどうか若干の不安を残しつつ、上記のメモリを購入し、商品が到着したので実際に装着してみると・・・

上記のとおり無事、メモリを8GBに増設することができました。

結論としては、dynabook R731/W4UC ?PR7314UCAJBW3の増設メモリとしてPC3-10600(DDR3-1333)4GB D3N1333-4G/Eは使用できました。

日々成長

 

 

関連記事

  1. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print …

  2. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  3. 「すごい文房具」ってどんなもの?

  4. 「地頭力を鍛える」-問題解決に活かす「フェルミ推定」 

  5. Eye-Fi ProX2 16GBは便利です

  6. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,483 アクセス
ページ上部へ戻る