閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

預金の利息だけなら全額仕入控除できる?-消費税95%ルール見直し

前回のエントリで平成24年4月1日以降開始事業年度から、課税売上高が5億円超の事業者はいわゆる95%が適用されなくなるということを書きました。

そして、普通預金の利息くらいはあると思うので、課税売上割合が100%になることは稀で、一括比例配分方式か個別対応方式で仕入税額控除の金額を算出する必要があると書きました。

この点について、非課税売上が普通預金の利息しかないような場合、普通預金に対する経費というものはないので全額仕入税額控除とれることになるのではないかという人がいたので調べたところ、税務通信の3172号(2011年7月18日)にこの点に関するQ&Aが載っていました。

結論からいうと、やはり普通預金の利息しか非課税売上が存在せず、課税売上割合が99.99%であっても、全額を仕入税額控除とすることはできないという内容でした。

理由は、「預金利息は銀行等に預け入れることにより発生するものであるため,一見すると何ら経費を支出していないように思われますが,例えば,預金を管理する経理部門や会社全体としての業務を担う総務部門は,少なくとも非課税売上に関与しているといえ」、課税売上と非課税売上に共通して要する課税仕入に区分する必要があるというものでした。

今回の改正は、要は増税ですが、普通に消費税をあげると世論の反発があってできないからここで増税しようということなのでしょうが、国民に分かりにくいように増税するのはいかがなものでしょうか・・・

日々成長

関連記事

  1. GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ

  2. 決算賞与にかかる「通知」

  3. 納税通知書の郵便事故主張は難しいようです

  4. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効

  5. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められない!

  6. 高額特定資産とは何ですか?(その4)-平成28年度税制改正




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,270,222 アクセス
ページ上部へ戻る