閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2011年も折り返し地点

今日は2011年7月1日です。2011年も半分が終わりました。3月の震災もあり前半は気づけばあっという間に終わってしまったという感じがします。

電力各社の株主総会で脱原発の株主提案はすべて否決されたというニュースを何日か前に見ましたが、当然の結果と言えるのではないかと思います。
核燃料の廃棄コストまで考えると原子力発電のコストはそれほど安くないという話も聞いたことはありますが、少なくとも短期的には低コストで利益が出て配当がもらえるのであれば、継続派が多数を占めることになるのが現実というものではないでしょうか。

特に、福島の場合は電源が喪失していなければここまでの事態になっていなかったかもしれないにもかかわらず、東京電力は倒産せず、それどころか少し前の政府案では10年もたたないうちに黒字化して配当まで実施するというのだから、他の電力会社の株主が原発を止めることに賛成するとは思えません。

ただ、今回株主が脱原発に反対したという事実は明確に記憶しておく必要があると思います。仮に次に福島と同じような事態が生じた場合は、国民の前に所有者たる株主が責任を負うべきですから。

管首相は自然エネルギーに注力すると言っています。だとすれば、地熱発電を推進してみろ!と言いたいところです。ソーラーエネルギーが注目されており、普及が進めが設置コストが下がるとも言われていますが、世界的に見れば結構な生産量になっていると思いますので、それほど劇的にに設置コストが低下するのかは疑問です。
一方で、日本は温泉大国なので、地熱発電は可能性があるように思います。逆に言えば、地熱発電所を作れそうな場所の近くには温泉があり、景観の問題や発電所の設置により温泉が枯渇したらどうするんだというような地元の反対があるのでなかなか進まないということです。

これを解決して地熱発電を進めるくらいのリーダーシップを発揮してもらいたいですね。

いつ辞めるというような問題が中心になるのではなく、何をどのようにいつまでにやるのかという議論を期待しています。

日々成長。

関連記事

  1. 大前研一氏による原発問題解説

  2. 日本からも使用できる方法があったPandra Radio

  3. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

  4. Dysonハンディ掃除機DC16のリフレッシュ

  5. 大地震!

  6. 海外で預金を引き出せる”Money T”…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,483 アクセス
ページ上部へ戻る