閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

同一グループの監査意見不表明は他の会社に波及せず

監査意見不表明-同一グループの他の上場企業への影響は?」というエントリにおいて、監査法人ハイビスカスがRHインシグノ株式会社(札幌証券取引所)の平成23年3月期の財務諸表に対して監査意見不表明としたということについて触れましたが、同グループのRHトラベラーに対しては平成24年3月期第1四半期の四半期報告書については四半期レビュー報告書がきちんと出されました。

同一グループに属すると言っても、別の会社ですしRHトラベラーについては普通に報告書がでるのは当然と言えば当然ですが、RHインシグノで簿外口座の存在が発覚したというような状況を考えるとサインした会計士はかなり勇気が必要だったのではないかと思います。

普通に考えれば、「もしかして、この会社にも我々が把握できていない爆弾があるのでは・・・」と、いつも以上に細かな手続を実施するのが正攻法ですが、果たしてどのような対応をとったのか、ひいてはこのまま監査を継続するのかは非常に興味があるところです。

日々成長

 

関連記事

  1. 消費税(その5)-個別対応方式用途区分3 国税庁Q&A

  2. 税制改正による定額法への変更で混乱が生じる可能性が大?

  3. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表

  4. 法定実効税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の開示例(そ…

  5. 外貨建有価証券の評価減の会計処理

  6. 会社更生法とはどんなもの?(その3)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,136 アクセス
ページ上部へ戻る