閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報のテキストマイニングによるとESGとSDGs関する記載が増加してい…
  2. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  3. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  4. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  5. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  6. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  7. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  8. 2020年年末調整に関係する改正事項
  9. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  10. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

同一グループの監査意見不表明は他の会社に波及せず

監査意見不表明-同一グループの他の上場企業への影響は?」というエントリにおいて、監査法人ハイビスカスがRHインシグノ株式会社(札幌証券取引所)の平成23年3月期の財務諸表に対して監査意見不表明としたということについて触れましたが、同グループのRHトラベラーに対しては平成24年3月期第1四半期の四半期報告書については四半期レビュー報告書がきちんと出されました。

同一グループに属すると言っても、別の会社ですしRHトラベラーについては普通に報告書がでるのは当然と言えば当然ですが、RHインシグノで簿外口座の存在が発覚したというような状況を考えるとサインした会計士はかなり勇気が必要だったのではないかと思います。

普通に考えれば、「もしかして、この会社にも我々が把握できていない爆弾があるのでは・・・」と、いつも以上に細かな手続を実施するのが正攻法ですが、果たしてどのような対応をとったのか、ひいてはこのまま監査を継続するのかは非常に興味があるところです。

日々成長

 

関連記事

  1. 過年度遡及修正の開示例-1Q四半期報告書より

  2. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?

  3. 外貨建前払費用の期末換算は必要?

  4. 「平成23年12月改正 法人の減価償却の改正に関するQ&A」が国…

  5. 今さらですが金商法193条の3って何だろう・・・

  6. 金銭信託の会計処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,153,076 アクセス

ページ上部へ戻る