閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  2. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  3. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  4. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  5. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  6. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  7. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  8. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
  9. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象
  10. 2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

たまにテレビにも出演している経済産業省大臣官房付の古賀茂明氏が書いた「日本中枢の崩壊」という書籍を読みました。

友人にこの本面白いよ、と言ったら、いまさら言われるまでもなく崩壊してるんじゃないとの返答が・・・

それはおいておくものとして、現役の役人がよくもまあここまで書いたもんだと感心します。それ故に、本人がなんと書いていようとも、エリートコースから外れた官僚による暴露本と言われてしまうものかもしれません。

すべてが真実かは一民間人の私には判断しかねますが、政治家と霞ヶ関の官僚の実態はほぼこの本に書かれているような感じなのではないかと思います。
例えば、キャリア官僚は一度ある省庁に配属されると(天下って?)官僚をやめるまでその省庁の人間であり続けるのでXXX省の人間という感じになり、各省庁の省益・権益を増やすのができる官僚として評価されるそうです。

このような縦割り組織の弊害の一例として、幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省の所管で、それぞれの省が自分たちの利益を考えたので二つできたとし、それぞれが独自の政策を打ち出すので待機児童が減らないという最悪の結果を招いているとされています。

縦割り組織の弊害解消として提案しているのは「内閣人事局の創設」で、全政府的見地から人事を一元管理する仕組みを筆者は提案しています。

この他、色々と生々しい話が述べられており、個人的には非常に興味深い内容でした。

日々成長

関連記事

  1. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

  2. 切手の大量購入と換金も典型的な不正手段でありますが・・・

  3. ムーディーズも日本国債を格下げ(その2)

  4. 『獄中のホリエモン「オリンパス」に憤る』(FACTA3月号)

  5. 中国経済のバブルは継続するか?(その1)

  6. 東京電力をこのまま存続させることは妥当なのか??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,315,530 アクセス
ページ上部へ戻る