閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

源泉所得税の納付が過少だったら???

前回のエントリでは、源泉所得税を納めすぎた場合にどうなるのかについて書きましたが、今回は逆に本来納付しなければならない金額よりも過少に納付していることが明らかになった場合はどうなるかについてです。

結論としては、源泉徴収義務者が不足分を納付する義務を負い(所得税法第221条)、原則として源泉徴収義務者に不納付加算税(5%ないし10%)と延滞税が課されます。

まず、不納付加算税の税率は以下のようになっています。

①誤りに気づき、自主的に納付した場合⇒納税すべき源泉所得税の5%
②税務署から通知を受けた場合⇒納税すべき源泉所得税10%

不納付加算税の怖いところは、原則として納付が遅れた日数にかかわらず上記の率で計算された金額がまるまるペナルティーとしてかかる点です。

ただし、「原則として」と書いているように、不納付加算税が免除されるケースがあります。すなわち、以下のような場合には不納付加算税が免除されます。

①不納付加算税の金額が5,000円未満のとき
②過去1年間に税金の滞納がなく、納付期限の1ヶ月以内に納付した場合

納付を忘れても1ヶ月以内に気づけば、不納付加算税を避けられる可能性があるということなので、仮にやってしまった場合は早急に対応が必要です。

なお、延滞税については上記のような規定はないのでかかってしまいます。支払が遅れているので利息を支払うのはやむを得ないでしょう。

延滞税の利率は以下のようになっています(平成22年1月1日から平成22年12月31日までの期間)。

①納付期限から2ヶ月以内⇒4.3%の割合で日割り計算した金額
②納付期限から2ヶ月以降⇒年14.6%の割合で日割り計算した金額

上記の延滞税の利率からしても、やはり早期に発見することが傷口を最小限で抑えることにつながります。

<参考>
所得税法第221条
「第一章から前章まで(源泉徴収)の規定により所得税を徴収して納付すべき者がその所得税を納付しなかつたときは、税務署長は、その所得税をその者から徴収する。」

日々成長

 

関連記事

  1. 貸倒実績率算定方法の経過措置-一定の債権等を有する法人の場合

  2. 消費税(その13)-課税売上割合の算出3

  3. 教育資金一括贈与の適用要件が厳格化されるそうです

  4. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その1)

  5. 仮決算による法人税の中間納付の制限について-割に合うのか還付金?…

  6. 復興特別所得税-税理士等報酬の課税時期の判断は原則として役務提供…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,136 アクセス
ページ上部へ戻る