閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  2. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  3. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  4. 短期前払費用特例適用の留意点
  5. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  6. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  7. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  8. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  9. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  10. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?(追記)

10日位前の「自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?」というエントリで自動車保険の免責分の消費税の取り扱いについて、税務署(電話相談センター)に確認しようと書いた後しばらく経ってしまいましたが、電話して消費税の取扱いについて確認しました。

結論としては、実際の支払形態にかかわらず、総額(両建)で計上するのが妥当な処理とのことでした。

例えば、実際にかかった修理費が100万円で、免責金額が5万であった場合で、免責分のみ会社から修理業者に直接支払いを行い、残額(保険分)は保険会社から修理業者へ支払が行われるとした場合の仕訳は以下のようになります。

この場合、仮払消費税として処理される金額が約4万7千円なので、ほぼ免責金額分を取り戻すことができることになります。

なお平成24年4月1日以降開始事業年度から95%ルールが適用できなくなる会社であっても、この場合の受取保険金は不課税売上となり非課税売上割合には関係しないので、やはり総額(両建)計上したほうが有利だと考えられます。

今回のケースでは残額が保険会社から修理業者へ直接支払われてしまうため、会社へは5万円の請求書が来ただけしたが、総額がわからないと上記のような経理処理を行うことができません。

このような場合は、修理業者に連絡すれば総額がわかる保険会社に対する請求書(控)などを送ってもらえると思います。

なお、免責金額のみを修繕費などの科目で課税仕入として処理しても税金的には会社が不利なので問題とはされないのかもしれません。免責金額のみ処理すると、法人税法的には消費税の関係で課税所得がより小さくなると考えられますが、消費税が大きくなるのでトータルの影響では不利になると考えられます。

日々成長

 

関連記事

  1. 2016年6月に日台租税条約が発効していました-繰延税金負債の計…

  2. 電子申告義務化は平成32年4月1日以後開始事業年度から

  3. 保険金の遅延利息と源泉税

  4. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?

  5. 決算賞与の損金算入―賃金規程にも注意!

  6. 出国時課税制度

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,303,439 アクセス
ページ上部へ戻る