閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

海外ホテルの予約サイトのエクスペディア(Expedia)で航空券も販売されているのには気づいていましたが、たまたま時間があったので安いのかどうか試しに調べてみました。

個人的にあまり先の航空券を予約することはないので、1か月後(ハワイ・ホノルル)、3か月後(ニュージーランド・クライストチャーチ)、6か月後(カナダ・バンクバー)で調べてみました。

確認した対象は、①エクスペディア、②Free Bird、③スカイゲート、④TORNOSで、確認時に空席がある最安値の航空券の金額です。

(1)1か月後(ホノルル) 往路:11月26日(土)、復路:12月3日(土)

①エクスペディア CHINA AIRLINES 80,000円
②Free Bird CHINA AIRLINES 87,100円
③スカイゲート DELTA 105,250円
④TORNOS CHINA AIRLINES 80,000円

(2)3か月後(クライストチャーチ) 往路:1月28日(土)、復路:2月4日(土)

①エクスペディア JAL+ニュージーランド航空 170,810円
②Free Bird ニュージーランド航空 189,930円
③スカイゲート JAL 176,060円
④TORNOS JAL+ニュージーランド航空 170,810円

(3)6か月後(バンクーバー) 往路:3月24日(土)、復路:3月31日(土)

①エクスペディア JAL 118,740円
②Free Bird JAL 124,950円
③スカイゲート DELTA 125,130円
④TORNOS JAL航空 117,850円

他にも、格安航空券のサイトはあると思いますが、空席のある航空券が探しにくかったりして使い勝手がよくなかったりします。
以上の結果からすると、上記の4サイトでは、エクスペディアが最安値という結果になりましたが、TORNOSもJTBがやっている割にほぼ差はありません。他の路線で調べれば逆転することもあると考えられます。

海外ホテルの予約サイトというイメージでしたが、航空券の予約にも利用する余地がありそうです。

Expediaはこちら

日々成長。

関連記事

  1. MAKERS(クリスアンダーソン)を読んで

  2. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  3. 日本株バブル?

  4. 持株会奨励金支給水準が初めて80円を超過-2015年度従業員持株…

  5. 米国版失われた10年

  6. 何がユニクロを訴訟に踏み切らせたか?-「ユニクロ帝国の光と影」を…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,404,580 アクセス
ページ上部へ戻る