閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

トレーダーの本音-世界を支配しているのは政府ではなくゴールドマンサックス?(BBC)

You Tubeに面白い映像があったので紹介します。BBCのキャスターがトレーダーにヨーロッパの救済策について質問しているものです。

http://www.youtube.com/watch?v=NuMkXV0243g

この中でインタビューを受けているトレーダーは赤裸々に本音を語っています。英語なので理解が誤っているかもしれませんが内容を要約すると以下のような感じ(だと思います)。

巨大ファンドやヘッジファンドは今回の救済策で買に回ることはなく、むしろ株式市場は終わっているということが分かっているのでこの救済策が機能することはありえないとして言っています。
その上で、このトレーダーは、自分はトレーダーだから世の中の混乱なんか気にならないし、経済をどのように立て直すのかということにも関心がない。トレーダーの仕事はこのような状況から金を稼ぐことで、機会があればそれを利用して金を稼ぐだけだと言っています。むしろ、このトレーダーは今回のような状況を3年も心待ちにしていたと告白しています。

さらに続けて、今回のような景気後退局面でもそれに備えてヘッジなどで正しく準備できていれば金儲けの機会になりうると説明しています。その上、今回の危機は癌みたいなもので治るだろうを待っていたら手遅れになるだけだとし、準備する必要があると説明しています。

この後、ここまで言わなくてもという発言を続けます。政府が世界を支配しているのではなく、ゴールドマンサックスが世界を支配しているのだと。。。そしてゴールドマンサックも他のビックファンドも今回の救済策なんか気にしていないと・・・

最後にトレーダーでなくても今回のような状況から設けることができるので、儲ける方法を学び行動すべきで、何もしないことが最大のリスクだとメッセージを送っています。

本音すぎて、すがすがしいですね。
三井住友フィナンシャルがプロミスを100%子会社にするそうですが、普通の貸出先が見つからないから消費者金融で儲けるしかないんだ!というようなもんですかね・・・

日々成長

 

関連記事

  1. 「大停滞」-タイラーコーエン著

  2. 「為替デリバティブ取引のトリック-リスクヘッジを謳った偽りの金融…

  3. Facebookの時価総額は$100 billion?

  4. 農林水産品の輸出1兆円目標って、何を増やすの?

  5. トヨタ自動車の株主総会発行が可決された新型株式とは?

  6. 東京電力をこのまま存続させることは妥当なのか??

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,492 アクセス
ページ上部へ戻る