閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

後退した感のあるIFRSの適用ですが、2011年11月21号の経営財務に「グループ内に減価償却統一の動き」という記事が掲載されていました。

主な内容は、「平成24年3月期第1四半期では、上場企業44社が償却方法を変更しているが、このうち36社はグループ内の会計処理の統一を目的とした変更とみられる。なお,全社が定額法に変更しており,定率法に変更した会社はない。」というものです。

定率法の採用が認められないわけではないと解説されることも多いですが、IFRSの対応を考慮した場合には定額法への変更を選択する会社が相当数多いというのが実態のようです。

ただし、あずさ監査法人が行ったIFRSに関するアンケート結果において有形固定資産の減価償却方法についての回答割合は以下のようになっていたそうです(経営財務 11月14日号)。

①定額法に変更予定 397社
②定率法を継続予定 298社
③その他(未定・検討中を含む)354社

定率法を継続予定という会社も相当数ありますが、「その他」に未定・検討中が含まれていることからすると最終的に2/3位が①になるという感じでしょうか。仮に①が多数派になってこれば②から①へ変更する会社もでてくると思いますので今後の動向には注意しておいたほうがよさそうです。

なお、平成24年3月期第1四半期で定率法から定額法へ減価償却方法を変更した会社として以下のような会社が紹介されていました。
アドバンテスト、帝人、出光興産、ユニ・チャーム、横河電機、テルモ、NEC、富士ソフト、住友化学、住友電気工業など。

IFRS財団が昨年11月に公表した教育文書「減価償却とIFRS」(Depreciation and IFRS)を根拠に定率法の採用が行いやすくなったという意見もあるようですが、現状としてはやはり定額法の採用が無難と考えている会社が多いというのが実態といえそうです。

なお、「減価償却とIFRS」について興味のある方は、以前のエントIASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る材料になるか”をご参照ください。



日々成長。

 

関連記事

  1. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ

  2. 四半期報告書におけるCF計算書の任意開示動向-第2四半期は開示が…

  3. 過年度遡及修正と各法制度との関係(その2)

  4. 有価証券利息のキャッシュフロー計算書における取扱い

  5. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その2)

  6. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,696 アクセス
ページ上部へ戻る