閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

2011年1月1日からこのブログを書き始めましたが、2011年も明日で終わるので今年1年間で閲覧数が多かったエントリのTOP10を確認したところ以下のようになっていました。

第1位 平成23年度税制改正による消費税改正-95%ルールの見直し

第2位 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

第3位 節電による消灯と労働安全衛生法違反の可能性

第4位 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

第5位 復興財源確保法と平成23年度税制改正を修正した法人税法が公布されました

第6位 平成23年税制改正 減価償却費-200%定率法適用の経過措置

第7位 監査法人トーマツも早期退職の募集を開始

第8位 働きやすい会社ランキング-日経新聞社

第9位 過年度遡及修正と税務の関係

第10位 Windows7のデスクトップが自動的に最新情報に更新されない!

第1位のエントリでは1万件を超えるアクセスがあり、友人も含め誰にも告げることなく書いているブログの割に多くの方に関心をもってもらえたことをうれしく思います。

暦年での順位なので最近書いたエントリ程アクセス数の点では不利になるわけですが、そうした中でも第2位にランクされてる”復興特別法人税が実効税率に与える影響”は、世の中で関心をもっている(といってもかなり職種が限られますが・・・)方が多かったのだと感じます。

自分のスキルアップが主たる目的ですが、来年も結果的に多くの方に興味を持ってもらえるエントリを増やしていければと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 2012年を振り返って

  2. 大地震!

  3. Googleで自分のサイトが検索結果に表示されなくなった・・・

  4. 福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか-大前研一氏を総括責任者と…

  5. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  6. 韓国哨戒艦沈没事件の真相?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,419,876 アクセス
ページ上部へ戻る