閉じる
閉じる
閉じる
  1. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  2. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  3. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  4. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  5. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  6. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  7. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  8. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  9. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  10. 契約負債に流動固定分類は不要?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Facebookの時価総額は$100 billion?

2011年12月12号のNewsweekに”The $100 BILLION BET”というタイトルでFacebookについての記事が掲載されていました。

伝えられるところによると来年にIPOが予定されているということで、その際の時価総額が$100billionになり、主要な関係者にとってそれが何を意味するのかという感じの内容です。
そもそも$100billionっていくらだよ!って金額ですが、1000億ドルなので、1ドル=80円として計算すると8兆円ということになります。

トヨタの時価総額が8.6兆円位なので、事業内容は全く異なりますが時価総額という観点でいえばトヨタ位の規模と言えます。

さて、創業者のMark Zuckerberg氏ですが、IPOが実現すると 2400億ドルを得ることになり、世界で14番目のお金持ちになるということです。若干27歳ですから、すごいですよね。

その他、マイクロソフトも1.6%を保有する株主で、2007年に出資した時点では、企業価値を150億ドルと見込んだため、むちゃな投資をしたと考えられていたものの、結果的には過去10年でもっとも賢明なことだったと書かれていました。

気になったのは、ロシア人のベンチャーキャピタリストであるYuli Milher氏です。記事によるとMilher氏(正確には同氏が経営するDigital Sky Technoligies)はFacebookの10%の株式を保有している のみならず、Zynga、Groupon、Spotifyなどにも投資しているということで、すごいなと感嘆してしまいます。
最近バフェット氏が日本に来てニュースになっていましたが、上記のような有望なスタートアップへの投資家として出てくるのがロシア人の?Milher氏というのは面白いですね。

株式市場は決していい状況にあるとはいえない状況で、Facebookにいくらの値がつくのかはいずれにしても注目です。

日々成長。

関連記事

  1. 金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバ…

  2. 結局オリンパスの上場は維持されそうです

  3. 増税なき復興債発行の可否について(その2)

  4. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  5. ベネッセ経営陣-ITリテラシー不足で約145億円の損害は責任追及…

  6. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,670,348 アクセス
ページ上部へ戻る