閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Facebookの時価総額は$100 billion?

2011年12月12号のNewsweekに”The $100 BILLION BET”というタイトルでFacebookについての記事が掲載されていました。

伝えられるところによると来年にIPOが予定されているということで、その際の時価総額が$100billionになり、主要な関係者にとってそれが何を意味するのかという感じの内容です。
そもそも$100billionっていくらだよ!って金額ですが、1000億ドルなので、1ドル=80円として計算すると8兆円ということになります。

トヨタの時価総額が8.6兆円位なので、事業内容は全く異なりますが時価総額という観点でいえばトヨタ位の規模と言えます。

さて、創業者のMark Zuckerberg氏ですが、IPOが実現すると 2400億ドルを得ることになり、世界で14番目のお金持ちになるということです。若干27歳ですから、すごいですよね。

その他、マイクロソフトも1.6%を保有する株主で、2007年に出資した時点では、企業価値を150億ドルと見込んだため、むちゃな投資をしたと考えられていたものの、結果的には過去10年でもっとも賢明なことだったと書かれていました。

気になったのは、ロシア人のベンチャーキャピタリストであるYuli Milher氏です。記事によるとMilher氏(正確には同氏が経営するDigital Sky Technoligies)はFacebookの10%の株式を保有している のみならず、Zynga、Groupon、Spotifyなどにも投資しているということで、すごいなと感嘆してしまいます。
最近バフェット氏が日本に来てニュースになっていましたが、上記のような有望なスタートアップへの投資家として出てくるのがロシア人の?Milher氏というのは面白いですね。

株式市場は決していい状況にあるとはいえない状況で、Facebookにいくらの値がつくのかはいずれにしても注目です。

日々成長。

関連記事

  1. 中国経済のバブルは継続するか?(その1)

  2. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

  3. FORTUNE GLOBAL500に日本企業は68社。米国、中国…

  4. 増税なき復興債発行の可否について(その1)

  5. 市場再編前にとりあえず市場変更する会社は多いのか?

  6. 『「評判」はマネジメントせよ』-ダニエル・ディマイアー著




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,730 アクセス
ページ上部へ戻る