閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「平成24年以降の公認会計士試験合格者数のあり方について」-金融庁発表

2012年1月5日付で金融庁から「平成24年以降の公認会計士試験合格者数のあり方について」という文書が発表されました。

非常に短い内容ですが、金融庁の考えとして以下の内容となっています。

(金融庁HPより)

要は、来年の試験の合格者は減らせという内容です。会計士業界に身をおいていると、この計画性がない感じに慣れてしまっていますが、普通の感覚でいえばいいかげん学習しろよ!という感じではないかと思います。
ここまで書くのであれば「来年の合格者数はXXX人」とすべきぐらいに明確な基準を明示すべきではないかと思います。

試験制度を改革し合格しやすい方向に変更してきたにもかかわらず、この期に及んで合格者数を絞るというのはかなり矛盾した対応です。そもそも合格者数を増やせば一般企業に合格者が就職していくと想定していたように思うのですが、それは大きな間違いです。
そもそも一般企業の採用において、会計士試験に合格しているということが採用の決め手になることはほとんどないように感じますが、試験制度を考えている方々は会計士試験に受かれば一般事業会社で合格者の採用が増えると考えているとしか思えません。

就職先を増やしたいのであれば、これからの会計士試験にIFRSを必須にして、会計基準としてIFRSの採用を強行すれば一時的にまたブームがやってくるのではないでしょうか。その際に、調子に乗って合格者数を増やさないということを忘れなければ、ある程度の消化が見込まれます。

日々成長

 

 

関連記事

  1. 平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ…

  2. 非流動性ディスカウントはどれくらいが妥当か?

  3. 連結納税適用会社の繰延税金資産の計上ー会社区分が国税と地方税で異…

  4. クラウドで提供するソフトウェアの制作費は自社利用ソフトか販売目的…

  5. すこし違った角度からオリンパスを見てみよう

  6. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,972,786 アクセス
ページ上部へ戻る