閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  2. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  3. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  4. グループ通算制度の概要(その1)-概要
  5. フリーランス等への立替経費の源泉ー直接払いと同視できれば問題ないと国税…
  6. 株主総会議長が拍手しない場合、賛成の議決権数への加算が一般的?
  7. 内部統制有効性評価で監査法人に損害賠償請求
  8. テレワーク長期化でも原則的な勤務地が会社なら通勤手当は非課税
  9. ”183日ルール”にコロナ禍の特別措置なし-免税対象外の場合遡りで源泉…
  10. 在宅勤務で開示書類を作成すると簡単な間違いにも気づきにくくなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の改正

平成23年税制改正に対応して改正された「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」が1月25日に公布されました。
公布の内容は1月25日の官報号外第16号の88ページ以降に記載されていますので、現時点であればインターネット官報で確認することが可能です(30日を経過すると無料では見ることができなくなります。)

別表の改正については、定額法の償却率・250%定率法の償却率・改定償却率・保証率が定められていた従来の別表第八分割されるとともに、200%定率法に対応した別表第十が新設されています。

まとめると改正後は、以下のようになっています。
①別表第八・・・定額法の償却率
②別表第九・・・250%定率法の償却率・改定償却率・保証率
③別表第十・・・200%定率法の償却率・改定償却率・保証率

この改正「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」ではもう一つ重要な点が明らかにされています。

平成23年税制改正では、250%定率法適用の既存資産について、税務署に届出すれば200%定率法の償却率による償却でも、当初の耐用年数で終了できるという経過措置が設けられていますが(改正法令附則3③)、その耐用年数等の算出方法が明らかにされています(改正耐用年数省令附則②、③)。

附則の記載はごちゃごちゃと書いてあるのですが、要は以下のように求めることになるようです。

新耐用年数=法定耐用年数-経過耐用年数(*)

(*)経過耐用年数は、残存簿価÷取得原価で未償却割合を求め、附則別表の経過年数表から未償却割合に対応した経過年数を求めることになります。

経過年数表の一部を抜粋すると以下のようになっています。


例えば、法定耐用年数6年の固定資産について、上記算式で計算された未償却割合が0.3と計算されたとすると経過年数が3年となりますので、新耐用年数は3年ということになります。

そして、この経過措置を適用する場合は、残存簿価を取得価額とするとされています(改正耐用年数省令附則③)。
したがって、残存簿価に耐用年数3年の200%定率法の償却率0.667を適用して償却を行っていくことになります。

このような単純なケースで考えると、特に問題はありませんが、ためしに2年半経過時点の未償却割合を計算してみたところ0.269になって、この場合も経過年数が3年と計算されます。
細かい話ですが、税務上の償却限度額を会計上も償却費として採用している場合には、結果的に5年半で償却が完了してしまうことになります。

昨年2月に200%定率法の適用を前提に公表された「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」の公開草案では、250%定率法を採用していた既存資産について200%定率法に変更することは「法令等の改正に伴う変更に準じた正当な理由による会計方針の変更とならないことに留意する」とされていましたので、監査を受けているような場合には既存資産について200%定率法へ変更するというのは現実的ではないということになるのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 「税務調査の最新手法」とは?

  2. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです

  3. 「親会社の親会社」は関連当事者に該当しない?

  4. 税制改正の影響で交際費支出が増加?

  5. 富士フイルムホールディングスが会計監査人の交代を正式に公表

  6. 通知預金とは?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,000,860 アクセス
ページ上部へ戻る