閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

物上保証を行っている場合のBS注記事例

あまり見かけることはありませんが、会社が物上保証を行っていることがあります。

物上保証は「第三者担保」ともいわれ、他人の債務を担保するために自己の財産に担保権を設定することをいいます。例えば、他社の借入金について、その貸主である銀行に対して自社の不動産に抵当権を設定するようなケースです。

通常の債務保証との違いは、物上保証人は提供した担保の限度で責任を負うに過ぎないという点です。つまり、担保として差し出した財産は抵当権等が実行されてとられてしまいますが、さらに追加で不足分を負担する義務は負いません。

では、物上保証を行っている場合に、担保提供資産のBS注記はどのように記載されるのかについて事例を調べてみました。件数としては、やはりそれほど多くはありませんでしたが、その中から3事例を紹介します。

①コナカ(平成22年9月期)

②エス・バイ・エル(平成22年3月期)

③ゲオホールディング(平成22年3月期)

物上保証を行っていても単に担保提供資産に含めて開示しているケースも考えられなくはありませんが、上記のような事例の開示が無難ではないかと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 災害損失の追加計上額の計上区分―東急レクリエーション

  2. 電子帳簿保存法改正に立ちはだかる会計監査の壁

  3. 交際費と会議費の区分

  4. 資産除去債務が合理的に見積もれないとは?

  5. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明

  6. 簡便法を採用しているときの過年度退職給付費用の開示




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,734,116 アクセス
ページ上部へ戻る