閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

物上保証を行っている場合のBS注記事例

あまり見かけることはありませんが、会社が物上保証を行っていることがあります。

物上保証は「第三者担保」ともいわれ、他人の債務を担保するために自己の財産に担保権を設定することをいいます。例えば、他社の借入金について、その貸主である銀行に対して自社の不動産に抵当権を設定するようなケースです。

通常の債務保証との違いは、物上保証人は提供した担保の限度で責任を負うに過ぎないという点です。つまり、担保として差し出した財産は抵当権等が実行されてとられてしまいますが、さらに追加で不足分を負担する義務は負いません。

では、物上保証を行っている場合に、担保提供資産のBS注記はどのように記載されるのかについて事例を調べてみました。件数としては、やはりそれほど多くはありませんでしたが、その中から3事例を紹介します。

①コナカ(平成22年9月期)

②エス・バイ・エル(平成22年3月期)

③ゲオホールディング(平成22年3月期)

物上保証を行っていても単に担保提供資産に含めて開示しているケースも考えられなくはありませんが、上記のような事例の開示が無難ではないかと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 過年度遡及修正と金商法の関係

  2. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  3. ストックオプション発行と有価証券届出書の作成義務

  4. 資産計上される商標権と資産計上されない商標権の違いは?

  5. 買収時に減損されている固定資産はどう評価すべきか?

  6. 借地権の会計処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,706,160 アクセス
ページ上部へ戻る