閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

そろそろ確定申告の期限です

例年は比較的余裕をもって自分の確定申告の準備は終わっているのですが、今年はなぜかバタバタしていて、そろそろ本当にまずいと感じて申告書の作成をすることにしました。

自分の確定申告をするだけなので、安い青色申告用のソフトということで、昨年から「勘定奉行のOBCグループ」というパッケージにつられて、Bizsoftの青色申告2011を使用しています。
この手のソフトは毎年更新することが想定されているのですが、仕訳が入力できて試算表が出力できれば、それを元に国税庁のHPから申告書を作成できるので更新する必要性を感じません。

にもかかわらず、ソフトを立ち上げるたびに、更新をすすめるような表示がでるのは若干不快です。購入したときの価格が請求書等のソフトがついて8000円位だったと記憶していますが、これを更新する場合、6ヶ月で5250円、12ヶ月で7350円だそうです。
現在のソフトの有効期限は昨年の6月末と表示されているので、今から更新したら、やはり12ヶ月になるのでしょうか・・・

ちなみにAmazonで新品の値段を確認したら、6708円(定価7770円)なので、それなら新品を買う人のほうが多いのではないかと思います。
ソフトの年間保守費用と考えると、高くても当初購入額の50%に抑えてほしいところです。

来年は、もう少し安いソフトに切り替えようかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 事業所税の確認(最終回)-みなし共同事業

  2. 償却対象となる美術品等の償却資産税の申告の取扱い

  3. 償却資産税(その2)

  4. 耐用年数の短縮特例の通達が改正・新設されました

  5. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  6. オーナー系上場会社の相続税対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,924 アクセス
ページ上部へ戻る