閉じる
閉じる
閉じる
  1. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  2. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  3. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  4. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  5. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  6. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  7. カタログの「総額表示」対応
  8. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  9. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  10. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

24時間無料通話が楽しめる”LINE”をインストールしてみました

iPhone 4Sを購入したときから、”LINE”が表示されて他のですが、いままで一度も開くことがありませんでした。

最近、スマポユーザー同士で無料通話が楽しめる”LINE”というアプリがあると聞いて、App Storeからダウンロードした後で、よく見たら自分のiphoneにアイコンがあるのを発見しました。
もともとあったアイコンは、ダウンロードサイトに誘導するためだけのもののようですが、興味がないものは目に入らないというのは本当のことだと改めて感じました。

早速使用するための準備を開始すると、まずは電話番号の登録からでした。指示通りにすすんでいくとSMSで認証番号が送られてくるということでしたが、何度か試してもメールが届かなかったので、「電話番号で認証」を使用してみました。
自動的にフリーコールでセンター?につながって、認証が完了しました。

さらにすすむと名前の登録があるのですが、これは実名で行うべきなのか、Skype的なユーザー名が普通なのかがわかりませんでしたが、とりあえず実名で登録してみました。

これで使用準備は整ったようですが、他に使用している人がいまのところ見つからないので、通話の品質を確認することができていません。また、無線LAN環境と3G環境での通話の品質なども気になります。

まだ使い方がわかりませんが、「お知らせ」によると2012年3月5日に2000万ダウンロードを達成したとのことで、ユーザー数は相当多いようです。なのに、私の周りでLINEを使用しているという人が見当たらないのは、2000万ダウンロードの大半は20代以下のユーザーということなのではないかと思います。

ビジネス(特に外部とのやりとり)でLINEを使用するのはあまり考えられませんが、友人同士であれば多少音質が悪くても無料を選択する人が多いのではないかと思います。

このようなサービスが通話料の引き下げにつながるのか、ビジネスユーザーに焦点を絞って収益獲得を目指すのが、携帯各社の動向が気になります。

日々成長

関連記事

  1. Wordの不思議(その2)-インデントマーカーの不思議

  2. マルチモニタ

  3. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  4. オーディオブックーFebe

  5. シャーペンの0.9mm赤替え芯を発見

  6. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,891,206 アクセス
ページ上部へ戻る