閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

24時間無料通話が楽しめる”LINE”をインストールしてみました

iPhone 4Sを購入したときから、”LINE”が表示されて他のですが、いままで一度も開くことがありませんでした。

最近、スマポユーザー同士で無料通話が楽しめる”LINE”というアプリがあると聞いて、App Storeからダウンロードした後で、よく見たら自分のiphoneにアイコンがあるのを発見しました。
もともとあったアイコンは、ダウンロードサイトに誘導するためだけのもののようですが、興味がないものは目に入らないというのは本当のことだと改めて感じました。

早速使用するための準備を開始すると、まずは電話番号の登録からでした。指示通りにすすんでいくとSMSで認証番号が送られてくるということでしたが、何度か試してもメールが届かなかったので、「電話番号で認証」を使用してみました。
自動的にフリーコールでセンター?につながって、認証が完了しました。

さらにすすむと名前の登録があるのですが、これは実名で行うべきなのか、Skype的なユーザー名が普通なのかがわかりませんでしたが、とりあえず実名で登録してみました。

これで使用準備は整ったようですが、他に使用している人がいまのところ見つからないので、通話の品質を確認することができていません。また、無線LAN環境と3G環境での通話の品質なども気になります。

まだ使い方がわかりませんが、「お知らせ」によると2012年3月5日に2000万ダウンロードを達成したとのことで、ユーザー数は相当多いようです。なのに、私の周りでLINEを使用しているという人が見当たらないのは、2000万ダウンロードの大半は20代以下のユーザーということなのではないかと思います。

ビジネス(特に外部とのやりとり)でLINEを使用するのはあまり考えられませんが、友人同士であれば多少音質が悪くても無料を選択する人が多いのではないかと思います。

このようなサービスが通話料の引き下げにつながるのか、ビジネスユーザーに焦点を絞って収益獲得を目指すのが、携帯各社の動向が気になります。

日々成長

関連記事

  1. Office2013ではアップグレード版がなくなる?

  2. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

  3. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  4. Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?…

  5. EXCELで右端の値を検索してデータを取得するにはどうする?

  6. ロジクールのトランスフォームキーボードTK900




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,989,313 アクセス
ページ上部へ戻る