閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

24時間無料通話が楽しめる”LINE”をインストールしてみました

iPhone 4Sを購入したときから、”LINE”が表示されて他のですが、いままで一度も開くことがありませんでした。

最近、スマポユーザー同士で無料通話が楽しめる”LINE”というアプリがあると聞いて、App Storeからダウンロードした後で、よく見たら自分のiphoneにアイコンがあるのを発見しました。
もともとあったアイコンは、ダウンロードサイトに誘導するためだけのもののようですが、興味がないものは目に入らないというのは本当のことだと改めて感じました。

早速使用するための準備を開始すると、まずは電話番号の登録からでした。指示通りにすすんでいくとSMSで認証番号が送られてくるということでしたが、何度か試してもメールが届かなかったので、「電話番号で認証」を使用してみました。
自動的にフリーコールでセンター?につながって、認証が完了しました。

さらにすすむと名前の登録があるのですが、これは実名で行うべきなのか、Skype的なユーザー名が普通なのかがわかりませんでしたが、とりあえず実名で登録してみました。

これで使用準備は整ったようですが、他に使用している人がいまのところ見つからないので、通話の品質を確認することができていません。また、無線LAN環境と3G環境での通話の品質なども気になります。

まだ使い方がわかりませんが、「お知らせ」によると2012年3月5日に2000万ダウンロードを達成したとのことで、ユーザー数は相当多いようです。なのに、私の周りでLINEを使用しているという人が見当たらないのは、2000万ダウンロードの大半は20代以下のユーザーということなのではないかと思います。

ビジネス(特に外部とのやりとり)でLINEを使用するのはあまり考えられませんが、友人同士であれば多少音質が悪くても無料を選択する人が多いのではないかと思います。

このようなサービスが通話料の引き下げにつながるのか、ビジネスユーザーに焦点を絞って収益獲得を目指すのが、携帯各社の動向が気になります。

日々成長

関連記事

  1. シャーペンの0.9mm赤替え芯を発見

  2. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)

  4. 従業員に対して緊急連絡用に親族等の連絡先の提供を求めることはでき…

  5. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  6. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,581 アクセス
ページ上部へ戻る