閉じる
閉じる
閉じる
  1. 招集通知の日付記載は任意記載?
  2. 改正電子帳簿保存法における電子取引情報保存制度による仕入税額控除に紙は…
  3. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  4. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  5. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  6. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  7. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  8. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  9. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  10. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

RHインシグノは上場廃止とのことですが・・・

RHインシグノという札幌市場に上場していた企業が、時価総額基準に抵触し3月30日付けで上場廃止となるそうです。

あまり知られていない札幌の一企業の上場廃止なので、それがどうした?という感じかもしれませんが、RHという名のつくRHトラベラーというJASDAQの上場会社も今年2月に上場廃止になっています。

「上場廃止企業」というサイトによると、RHインシグノの主要株主はレッドホースアソシエイツ(株)で保有割合は25.1%、RHトラベラーの主要株主はRHインシグノで26.51%となっています。

RHトラベラーのほうは、自主的に上場廃止を選択しているものの、結果的にRHグループの上場企業が引き続き上場廃止となるわけで、結果的に投資が失敗に終わっているように見えます。

レッドホースとグーグルで検索するとレッドホースホールディングというホールディング会社のHPが出てきますが、ここに含まれているのがRHトラベラーとRHインシグノ、あと北海道元気計画だそうです。

なんだかよくわからない会社です。さらにネットを検索してみると、このレッドホースは2008年にゴルフパートナーにTOBを仕掛けたというロイターの記事がありました。
この記事によると、ゴルフパートナーの株式の45%程度を握ったようですが、子会社や持分法適用会社にはしなかったようです。そもそも、子会社とか持分法適用会社とか、レッドホース自体が上場企業ではないので、あまり関係ないように思いますが・・・

この他、特に目立つものは見つからず、1勝2敗というところでしょうか。ユニクロの柳井さんは1勝9敗らしいので、それに比べればいいのかもしれませんが、上場会社を2社なくしたというイメージは投資会社としては相当マイナスな気がします。

日々成長。

関連記事

  1. 2013年12月の金融円滑化法利用後倒産は30件

  2. 国の借金が1000兆円を突破

  3. 国民負担が少ない東電処理とは(その1)‐経産省 古賀茂明氏

  4. 東京電力のCDSスプレッドの推移

  5. 金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバ…

  6. ヤマダ電機の一撃により約25億円の投資有価証券評価損計上を迫られ…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,021,697 アクセス
ページ上部へ戻る