閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違うのか

業務上、顧客先で作業をするのが大部分なのでイーモバイルのD41HW(USB接続、最大42Mbps)を会社から貸与されていますが、iPadなどを効率的に使おうとするとポケットWifiがやはりあった方がと欲が出て、イーモバイルのLTEを契約しました。

実際の速度について色々調べたところ、何だかんだいってもWiMAXが早いという内容も見かけましたが、以前トライWiMAXで試用した経験から、建物の中で使用することを前提とするとやはり敬遠せざるを得ませんでした。
つながれば確かに快適ではありましたが、建物の中ではあまりにつながらな過ぎて、私の使い方には合わないようです。

また、意外にもといっては失礼ですが、ソフトバンクのG4も速度は速いとのことだったので迷いましたが、今年の10月以降月5GBの通信料を超えると通信速度が128kbpsに制限がかかるということなので、こちらも見送りました(そこまで使用するかはわかりませんが、128kbpsはさすがに・・・)。

一方で、イーモバイルは今までUSBタイプで使用してきた感じから、従来の回線であればエリア的には問題なさそうですし、使いすぎると当日21時~翌2時までの通信速度が制限される?そうですが、それ位は許容範囲です。
また、月単位の制限も2014年位からのようなのもありがたいところです。

さて、実際の通信速度ですが、価格コムの速度測定を使用して各2回、図ってみました。
まず、 DH41HWは以下のような結果となりました。

次に、Pocket WiFi LTE(GL02P)でLTE接続されている場合は、以下のような結果となりました。

LTEの宣伝文句である75Mbpsということからすると、大したことないなーという感じかもしれませんが、?D41HWでもそれほど不満を感じてはいなかったので、随分早いという感じです。

ただ、先日別の場所で測定した時はLTE接続でも下り6~7Mbps(D41HWは1Mbps~1.5Mbps)でした。
結論を出すには、検証箇所が少なすぎますが、LTEはやはり場所によって相当速度に差がでるということなのではないかと思いますが、相対的に早いことは早いと言えそうです。

日々成長

関連記事

  1. Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの…

  2. 「地頭力を鍛える」-問題解決に活かす「フェルミ推定」 

  3. FastStone Capture

  4. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  5. Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?…

  6. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,397,000 アクセス

ページ上部へ戻る