閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違うのか

業務上、顧客先で作業をするのが大部分なのでイーモバイルのD41HW(USB接続、最大42Mbps)を会社から貸与されていますが、iPadなどを効率的に使おうとするとポケットWifiがやはりあった方がと欲が出て、イーモバイルのLTEを契約しました。

実際の速度について色々調べたところ、何だかんだいってもWiMAXが早いという内容も見かけましたが、以前トライWiMAXで試用した経験から、建物の中で使用することを前提とするとやはり敬遠せざるを得ませんでした。
つながれば確かに快適ではありましたが、建物の中ではあまりにつながらな過ぎて、私の使い方には合わないようです。

また、意外にもといっては失礼ですが、ソフトバンクのG4も速度は速いとのことだったので迷いましたが、今年の10月以降月5GBの通信料を超えると通信速度が128kbpsに制限がかかるということなので、こちらも見送りました(そこまで使用するかはわかりませんが、128kbpsはさすがに・・・)。

一方で、イーモバイルは今までUSBタイプで使用してきた感じから、従来の回線であればエリア的には問題なさそうですし、使いすぎると当日21時~翌2時までの通信速度が制限される?そうですが、それ位は許容範囲です。
また、月単位の制限も2014年位からのようなのもありがたいところです。

さて、実際の通信速度ですが、価格コムの速度測定を使用して各2回、図ってみました。
まず、 DH41HWは以下のような結果となりました。

次に、Pocket WiFi LTE(GL02P)でLTE接続されている場合は、以下のような結果となりました。

LTEの宣伝文句である75Mbpsということからすると、大したことないなーという感じかもしれませんが、?D41HWでもそれほど不満を感じてはいなかったので、随分早いという感じです。

ただ、先日別の場所で測定した時はLTE接続でも下り6~7Mbps(D41HWは1Mbps~1.5Mbps)でした。
結論を出すには、検証箇所が少なすぎますが、LTEはやはり場所によって相当速度に差がでるということなのではないかと思いますが、相対的に早いことは早いと言えそうです。

日々成長

関連記事

  1. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  2. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

  3. Windows7のデスクトップが自動的に最新情報に更新されない!…

  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)

  5. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  6. Sugarsyncの「ウェブアーカイブ」はどこに・・・




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,484 アクセス
ページ上部へ戻る