閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Dysonのハンディ掃除機 DC16をリフレッシュしたいが・・・


DysonのDC16を購入して随分立つのでやむを得ないのでしょうが、バッテリーがまるで役に立たなくなってしまいました。

そもそも手入れもいい加減なので、バッテリーの問題だけではないのかもしれませんが、この際、バッテリーからフィルターまで交換してみようと思いダイソンのオンラインストアで調べてみると、

バッテリー 6300円
アフターモータフィルタ 840円
プレモーターフィルタ 1260円

で販売されていました。もともとバッテリーが二つ付いていましたが、バッテリーを二つ購入すると約1万5千円となってしまいます。
最新のDC34が28000円位で購入できることを考えると、バッテリーを二つ購入して旧モデルを使うのがよいのか迷いどころです。

しかも、今日現在で、バッテリーの在庫が切れているとのことで、そもそもオンラインストアではバッテリーを購入することができないことがわかりました。
他の付属品の在庫はあるようなので、単なる在庫切れだと思いますが、楽天で検索してみました。

値段も形状もよく似たバッテリーを取り扱っている店舗がありましたが、よくよく見ると「純正品ではありません」との記載があり、値段がかわらないのであればやはり純正品を選んだ方が無難と思いとどまりました。

純正品在庫を待ちたいと思います。

ダイソン オンラインストア
日々成長

関連記事

  1. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  2. 通販で購入したコンタクトの保管期限が過ぎてしまったら・・・

  3. 税額控除とか方法はあるのでは?

  4. 仕事始め

  5. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  6. 閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,290 アクセス
ページ上部へ戻る